2020年02月27日 10:30

春を感じる 贅沢握り! 桜鯛、にしん、ほたるいか 旬のネタをリーズナブルに 3貫セットで350円『春の三貫王』4月30日まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社にっぱん(本社:東京都千代田区、代表:田渕道行)が運営する「立喰い寿司 魚がし日本一」では、旬の素材を使用した寿司を3貫セットにした『春の三貫王』を350円(税別)で、2020年3月3日から4月30日まで提供します。
『春の三貫王』は、春に旬を迎える桜鯛、にしん、ほたるいかを3貫セットにして提供します。いずれも春を楽しんでいただけるネタで、旬の味を少しずつ味わいたい方にもお薦めのメニューです。

■新鮮な旬の素材もお得に提供
「桜鯛」はあっさりと上品な味わいで低脂肪で高たんぱく。3月から4月で産卵期を迎える直前の真鯛のメスがピンク色に色づくことから桜鯛と称されます。
骨の多い魚で知られる「にしん」は栄養価が高く良質のカルシウムが豊富。とろりとした食感で旨味が強くその上に薬味をのせた逸品です。
「ほたるいか」は釜茹でしたものをふんだんにのせて軍艦巻きで提供します。春から初夏まで楽しめるほたるいかは、この季節には必ず食べたいものとして挙げられる人気のネタです。
また、同期間中、春をさきどりするメニューとして、生しらすや炙りさわらも用意しています。

■立ち食いスタイルで手軽に春を楽しむ
「立喰い寿司 魚がし日本一」は、新鮮な市場のネタを使った握りたての江戸前寿司を、いつでも好きなだけ楽しめる200年前の寿司屋台を再現した立ち食いスタイルの寿司屋です。現在、都内を中心に神奈川、大阪に25店舗あり、多忙なビジネスマンも利用しやすく、短時間で気軽に食事を楽しんでもらう中で、今回提供する『春の三貫王』のように旬も感じていただけます。

株式会社にっぱんは、今後も魚と米を通じて日本の食文化を見つめ、本物の美味しさを提供してまいります。


【期間限定メニュー概要】
名称: 春の三貫王
内容: 桜鯛、にしん、ほたるいか 各1貫ずつ
価格: 350円(税別)
販売期間: 2020年3月3日から4月30日
販売店舗: 立ち食い25店舗
ご参考

【『寿司 魚がし日本一』について】
板前が目の前で握る新鮮な寿司を、お好みでお召し上がりいただきたいという創業当時のスタイルをそのままに展開する立ち食いスタイルの『立喰い寿司 魚がし日本一』と、本格江戸前寿司と旬の料理を楽しめる『本格江戸前寿司 魚がし日本一』、研修店舗の3業態を運営。
気軽に本格的な美味しい寿司を食べてもらいたい。そんな気持ちで、忙しいビジネスや生活の合間にも立ち寄っていただきやすい店舗づくりをしています。“捕れたて、下ろしたて、炊きたて、握りたて”にこだわった本格的な江戸前寿司を、旬を感じながら気軽につまめる店舗です。
市場でセリ権を持つ数少ない寿司店である魚がし日本一だからこそ、鮮度とお手頃な価格には絶対の自信があります。魚介はもちろん、米も全て国内産で、その年の一番出来の良い産地から厳選して新米の時期に取り寄せています。素材の良さを引き出すための職人の技に磨きをかけることはもちろん、食の安全にも細心の注意を払い、第三者機関による検査体制や衛生管理体制も整備して、お客様に安心してお召し上がりいただけることを第一に、日々の努力をしています。



<本件に関するお問い合わせ先>

にっぱん広報事務局  担当:若杉
携帯:070-2194-4320
TEL:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788

E-mail:pr@netamoto.co.jp 株式会社にっぱん  広報部 井上/中野
携帯:080-3432-7616
TEL:03-6259-1944 FAX:03-6259-1947
E-mail:k.inoue@susinippan.co.jp
  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社にっぱん(カブシキガイシャニッパン)
代表者
田渕 道行(タブチ ミチユキ)
所在地
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL
03-6259-1928
業種
飲食
上場先
未上場
会社HP
https://www.susinippan.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.