2020年03月02日 13:00

『脳が忘れない 英語の「超」勉強法』(著・瀧 靖之)3月10日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このたび、青春出版社(東京都新宿区)は、『脳が忘れない 英語の「超」勉強法』(著・瀧 靖之)を3月10日に刊行いたします。

「脳のしくみ」を利用すれば何歳からでも英語は話せる
英語を話せるようになりたい…誰しもが一度は憧れることではないでしょうか。さらに今年は東京オリンピック開催の年でもあるため、英会話への関心がより一層高まることが予想されます。しかし、大人になってからの英語学習は何から始めたらよいのか迷う人が多いといいます。
そこで本書では、そんな大人たちに合った脳医学的に正しい英語学習法を紹介。たとえば、脳は「真似をする」ことに長けているため(ミラーニューロンの働き)、まずは音楽の歌詞や映画のセリフ、英会話の先生が話す英語をどんどん真似していくこと。それが、文法を学び直すよりも大人の英語習得には近道なのです。著者自身も、30歳を過ぎてから本格的に取り組み、英語習得を達成したといいます。その経験をもとにした学習法は、「何歳からでも英語は話せるようになる!」と自信が持てるはずです。
◆著者プロフィール◆
瀧 靖之(たき・やすゆき)
東北大学加齢医学研究所教授。医師。医学博士。
1970年生まれ。東北大学大学院医学系研究科博士課程修了。東北大学加齢医学研究所機能画像医学研究分野教授。
東北大学東北メディカル・メガバンク機構教授。MRI画像を用いたデータベースを作成し、脳の発達や加齢のメカニズムを明らかにする研究に従事。


■書籍名:『脳が忘れない 英語の「超」勉強法』
■著:瀧 靖之
■定価:1400円+税
■出版日:3月10日(火)全国書店・ネット書店にて販売
■仕様:四六判/176ページ
■ISBN:978-4-413-23151-0
■内容:
大人の脳と子どもの脳は違う。だから大人には、大人の脳に合った英語勉強法が効果的!その最大の特徴は、脳の「真似する力(模倣力)」を活かすこと。これまでに16万人の脳画像を見てきた著者が、自身も実践している「脳のしくみ」をフル活用した大人の英語勉強法を紹介します。


  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

会社概要

商号
株式会社 青春出版社(カブシキガイシャ セイシュンシュッパンシャ)
代表者
小澤 源太郎(オザワ ゲンタロウ)
所在地
〒162-0056
東京都新宿区若松町12-1 
TEL
03-3203-5121
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.seishun.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.