2020年03月04日 16:00

“ケガゼロ”発想から生まれた自転車用チャイルドシート「グランディア」 安全性と快適性を高める3つの新機能を搭載し新登場 ~小さな子どもも安心フィット。転倒時のケガを防ぐシートベルトの着脱をより快適に~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自転車用チャイルドシート国内シェアトップのオージーケー技研株式会社(本社:大阪府東大阪市、代表取締役:木村 泰治)は、“ケガゼロ”発想から生まれた「抱きしめて守る」自転車用チャイルドシート「グランディア」シリーズより、安全性と快適性を高める3つの新機能を搭載したリヤ(後ろ乗せ)ベビーシート「GRANDIA PLUS(グランディアプラス)RBC-017DX PLUS」を今春発売予定です。子どもをケガから守り、ママ・パパが使いやすく、見た目もスマートに、家族の自転車ライフをもっと楽しく、安全性と快適性の向上を追求します。

「ケガゼロミッション」から生まれた頭部を守る「グランディア」
消費者庁によると、幼児用座席のついた自転車の事故で病院に救急搬送された子どもが、2016年までの6年間に東京都内だけで1,349人に上っています。当社は、衝突や転倒などの事故事例を収集する中、自転車用チャイルドシートメーカーのパイオニアとして「幼い子どもを守れないものか」と原点回帰し、「ケガゼロミッション2025」を立ち上げました。3年以上の試行錯誤を繰り返し、完成したのが「グランディア」です。安全のための3つのコア機能を搭載しています。
■転倒時でも頭を270°守る「トリプルヘッドガード」
■ワンアクションでフィットする自動巻取り式「ピッタベルト」
■巻き込みや接触から足を守る「アラウンドフットガード」

さらに安全、快適に「グランディアプラス」
転倒時のケガは、シートベルトの着用で大幅に防ぐことができます。子どもがシートから飛び出す危険ゼロを目指し、小さな子どももフィット感を高め、シートベルト着脱時のわずらわしさを解消する機能をプラスしました。
■「セーフティーパッド」
身体の小さな子どもにも優しくフィット。1歳のベビーから使えるので長く使い続けることができます。成長に合わせて取り外し可能です。
■「マグネットバックル」
近づけるだけでカチャッと固定。バックルをはめるわずらわしさがありません。
■「ホッピングパッド」
肩のパッドが立ち上がっているのでベルトが子どもの下敷きになることがなく、乗せ降ろしがスムーズです。
  • ライフスタイル

会社概要

オージーケー技研株式会社
商号
オージーケー技研株式会社(オージーケーギケンカブシキガイシャ)
代表者
木村 泰治(キムラ タイジ)
所在地
〒577-0066
大阪府東大阪市高井田本通6-2-32 
TEL
06-6782-4353
業種
その他の製造・メーカー
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.ogk.co.jp/

オージーケー技研株式会社の最新プレスリリース

2020年03月04日 16:00
“ケガゼロ”発想から生まれた自転車用チャイルドシート「グランディア」 安全性と快適性を高める3つの新機能を搭載し新登場 ~小さな子どもも安心フィット。転倒時のケガを防ぐシートベルトの着脱をより快適に~
2020年01月22日 13:00
自転車ライトとしてはもちろん、ウォーキングやランニング時にも活躍。 アクセサリー感覚で気軽に使えるカラビナ型ライトを新発売 ~安全のためのアイテムにこそ、いつも持ち歩きたくなるデザイン性を~
2019年11月13日 13:00
磁力でスムーズに、美しく魅せる自転車駐輪を実現  愛車のグリップがスタンドになる「マグネットスタンド」を新発売 ~ピタッと1秒で安定。まるでディスプレイのような直立姿勢の駐輪~
2019年09月12日 13:00
“鍵の収納を心地よい体験に変える”新しい視点で商品化 収納カバーが一体となったワイヤーロックを新発売 ~今までにない美しい形状と手触り、収納時の音にまでこだわって開発~
2019年05月14日 13:00
ママコミュニティが取り組む子ども乗せ自転車の安全啓発プロジェクト 1年間で全国 2240人のママ・パパに向けて勉強会を開催 今後、保育園・幼稚園や自治体、販売会社に勉強会講師の輪を広げ、事故防止を推進

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.