2020年03月12日 13:00

バイオベースコスメティクス・パーソナルケア成分市場-主要なマーケットプレーヤーには、アシュランド、BASF SE、クラリアント等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「バイオベースコスメティクス・パーソナルケア成分の世界市場の分析・予測 (2019-2029年)」 (BIS Research Inc.) の販売を3月12日より開始いたしました。

グローバルなバイオベースの化粧品およびパーソナルケア原料市場に参入するために、化粧品分野の市場プレーヤーは、市場の足跡を強化し、消費者の間でブランドイメージを作成するためにさまざまな戦略を採用しています。この点で、2017年から2019年の間に行われたいくつかの重要な開発がありました。主要なマーケットプレーヤーには、アシュランド、BASF SE、クラリアント、コベストロAG、クロダインターナショナルPlc、ダウ、デュポンテートアンドライルバイオプロダクツ、DSM、エレメンティスPLC、エボニックインダストリーズAG、ジェノマティカインコーポレーション、ソルリチェバイオテック、ソルベイ、ザルブリゾールコーポレーションNouryonがあります。

図は、2017年から2019年の期間中に市場のプレーヤーによって採用されたさまざまな戦略の割合を示しています。大多数の企業は、市場での競争力をさらに高めるための重要な戦略として製品の発売を好みました。企業はまた、収益を増やすだけでなく、地域のフットプリントを高めるために、事業拡大、パートナーシップコラボレーション、ジョイントベンチャー、および合併買収戦略を採用しました。

製品の発売戦略は、世界のバイオベースの化粧品およびパーソナルケア成分市場で最も広く採用されています。 バイオベースのグローバル市場に参入するために化粧品およびパーソナルケアの成分については、多くの企業が天然資源に由来するさまざまな化粧品成分を発売しています。事業拡大の戦略は、世界的なバイオベースの化粧品およびパーソナルケア原料市場のプレーヤーが着手した開発の大部分も保持しています。 この市場に参入するために、産業関係者は、バイオベースの化粧品である原料の製造と供給のための新しいビジネス分野も紹介します。
【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis926295-global-bio-based-cosmetics-personal-care.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

  • 美容、ファッション

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://www.gii.co.jp/about/ir.shtml

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.