2020年03月13日 10:00

GPON市場-APAC市場が最大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「GPONの世界市場:コンポーネント (OLT・ONT)、技術 (2.5GPON・XG-PON、XGS-PON、NG-PON2)、用途 (FTTH・モバイルバックホール)、垂直産業、地域 (2025年までの予測)」 (MarketsandMarkets) の販売を3月12日より開始いたしました。

GPON市場は2019年に58億米ドルと評価され、2025年までに83億米ドルに達すると予測されています。 2020年から2025年にかけて5.8%のCAGRで成長すると予想されます。APACは2019年にGPON市場の最大66%のシェアを保持しました。APACの市場は2019年に39億米ドルと評価され、USD 2025年までに57億に達すると予測されます。2020年から2025年までに6.5%のCAGRで成長すると予想されます。GPON市場の成熟、政府によるインフラ拡張への支出、次世代GPONネットワークの広範な展開は、APACの主導的地位によるものです。ヨーロッパは、2019年にGPON市場の約18%を占めました。ロシア、スペイン、フランス、ウクライナは、ヨーロッパのGPON市場の成長を牽引しているいくつかの著名な国の1つです。ファイバートゥザホーム(FTTH)を含むFTTxサービスの普及により、この地域でのGPONネットワークテクノロジーの需要が増加しています。4Gおよび5Gモバイルネットワークの急速な展開により、ヨーロッパでのGPONテクノロジーの需要が増加すると予想されます。北米のGPON市場は2019年に710百万米ドルと評価され、2025年までに981百万米ドルに達すると予測されています。 2020年から2025年にかけて5.3%のCAGRで成長すると予想されます。データ、音声、およびビデオの需要の増加は、北米のGPONテクノロジーの需要の急増の一因となっています。

総市場規模は2025年までに169億6000万米ドルに達すると予測されており、予測期間中のCAGRは15.6%です。 北米は2020年の31億5500万米ドルから2025年までに63億4900万米ドルに成長すると予測されており、予測期間中のCAGRは15.0%です。 APACは2025年までに38億4800万米ドルに達すると予想され、予測期間中の最高CAGRは16.4%です。
【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama927921-gpon-market-by-component-olt-ont-technology-25g.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://www.gii.co.jp/about/ir.shtml

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.