2020年03月23日 10:00

2000年代以降、天然ガスの供給は多くの市場、特に米国で価格安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「住宅の電化 - オール電化住宅 (FEH) 向け燃料転換技術:世界市場の分析と予測」 (Navigant Research発行) の販売を3月23日より開始いたしました。

およそ7000万人のアメリカの家が、敷地内で天然ガス、石油、またはプロパンを燃やし、内部空間と水を加熱しています。これにより、毎年5億6,000万トンのCO2が生成されます。これは、米国環境保護庁によると、米国の総排出量の10分の1で、国内のすべての住宅の最終消費エネルギー消費の半分未満を表しています。 2000年代以降、天然ガスの供給は多くの市場、特に米国で安くなっています。ただし、他の化石燃料と同様に、天然ガスはコストがかかり、非効率的で脆弱な料金ベースのインフラストラクチャに依存しているため、公益事業の顧客は財務リスクを負うことになります。

電化技術は、さまざまな計画シナリオや気候条件において、化石燃料システムよりも急速に費用対効果と信頼性が向上しています。混合システムが主流ですが、すべての住宅エネルギーの最終用途の電化は多くの消費者にとって望ましいものであり、10年のタイムラインで大幅に増加すると予想されます。規制の発展はまた、脱炭素化に重点を置いており、したがって低排出の構築アプローチとしての完全な電化を支持しています。Navigant Researchは、完全電化住宅(FEH)を、空気源ヒートポンプ(ASHP)、ヒートポンプ給湯器(HPWH)、および誘導調理技術を使用して、暖房、温水、および調理を行うものと定義しています。 断熱およびエネルギー管理システム(EMS)はFEHの一部と見なされます。

地域の燃料価格と設備および設置の資本コストは、電化された技術の経済的競争力の特に強い決定要因です。 表1-1に示すように、電化技術をサポートする市場には通常、規制とイニシアチブがあります。 これらの政策条件に加えて、この多様な市場で市場参入戦略を展開する際には、地域の気候プロファイルとコスト比較も役立ちます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/nav927089-home-electrification-fuel-switching-technology-all.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://www.gii.co.jp/about/ir.shtml

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.