2020年03月30日 14:00

JIG-SAWのIoTエンジン「neqto:」が、「Impress DX Awards 2019」における「エッジコンピューティング/デバイス部門」でグランプリを受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このたび、JIG-SAW株式会社(以下、JIG-SAW)の自律自走型IoTエンジン「neqto:」が、株式会社インプレス(以下、インプレス社)が主催するImpress DX Awardsにおいて、エッジコンピューティング/デバイス部門でグランプリを受賞いたしました。

インプレス社ニュースリリース
https://www.impress.co.jp/newsrelease/2020/03/20200330-01.html

Impress DX Awards 2019(2020年3月30日発表)
エッジコンピューティング/デバイス部門 グランプリ
受賞者:JIG-SAW
※同賞の昨年度受賞企業はNVIDIA、一昨年度受賞企業はAmazonジャパン

インプレス社が主催する「Impress DX Awards」は、デジタルテクノロジーを使った新たなビジネスや社会サービスの実現に向けた取り組み、および、それを実現するための製品/サービスについて、公募やインプレス社が発行する各種「Watch」媒体などに記事掲載された各種取り組みやサービスを対象に、プロジェクト部門、アプリケーション/サービス部門、IoTプラットフォーム部門、ネットワーク部門、エッジコンピューティング/デバイス部門の5部門においてグランプリ、準グランプリなどが決定されます。また、審査は東京大学の越塚 登教授をはじめとする有識者およびインプレス社各誌の編集長で構成された審査委員会の厳密な審査のもと選定されます。

グランプリを受賞したIoTエンジン「neqto:」は、リアルタイムOS(RTOS)を使った独自のIoTサービス「neqto: 」に搭載される「neqto: エンジン」のライセンスをサブスクリプションモデルで提供するものであり、あらゆる機器・装置のIoT化をグローバルで実現可能なものです。
今回の受賞では、あるゆる機器・装置に後付けでもIoTを可能にするベースシステムとしての重要性と、ユーザのクラウド環境からの遠隔制御、クラウド上のビッグデータ処理、深層学習と連携するエッジ端末側での処理が実行できるなど、ものづくり企業のデジタル化(デジタルトランスフォーメーション)の支援を期待できると高く評価されました。

https://neqto.com/

JIG-SAWは引き続き、世界中のさまざまなパートナーとユーザーとの取り組みを通じてあらゆるモノのIoT化を実現していきます。

【JIG-SAW株式会社について】
・IoTデータコントロールサービス
・独自アルゴリズムによる全自動IoT・クラウドデータ制御・センサーコネクトサービス
・最先端チップ、モジュール開発及び各種通信制御、次世代リアルタイムOSの研究開発
※最適自動制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化、分散化、シェアリング化のためのA&Aサービスを展開。
※OS技術を軸としたソフトウェア技術と組み込み、超高速通信、信号制御を軸にしたハードウェア技術を保有及び基盤技術の再生医療分野等への応用。

■会社概要
会 社 名: JIG-SAW株式会社 https://www.jig-saw.com/
証券コード:3914
所 在 地: 東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号-18F
US/San Francisco, Santa Monica, CA/Toronto
代 表 者: 代表取締役 山川 真考
設 立: 2001年11月

【本件お問い合わせ先】
JIG-SAW 株式会社(JIG-SAW INC.)
経営管理本部 広報担当
TEL: 03-6635-6657
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

JIG-SAW株式会社
商号
JIG-SAW株式会社(ジグソーカブシキガイシャ)
代表者
山川 真考(ヤマカワ マスナル)
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 18F
TEL
03-6262-5160
業種
通信・インターネット
上場先
マザーズ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.jig-saw.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.