2020年04月07日 15:00

【新型コロナウィルス関連】三連休が”気の緩み”のきっかけに ~三連休当日の人の流れが9.57%増加、三連休明けの平日は10.39%増加~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Oxyzen(オキシゼン)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:松井康至)は、訪日外国人の国や地域・動向分析サービスである「TRAVEL INSIGHTS」(トラベルインサイト)により、東京新宿の西口地域において、新型コロナウィルスによる日本人の動向を調査し、3月の三連休のいわゆる、”気の緩み”により三連休の当日は前週の週末と比較して9.75%の増、三連休後の平日の人の流れも前週の平日比10.39%の増となっていることが分かりました(対象期間:2020年1月6日~2020年4月5日、母数:22,069カウント)。
■1月からの全体の傾向

1月6日から4月5日までの、訪日外国人を除いた日本人の傾向を見てみると、全体としては強い減少傾向にあることが分かります。特に2月末あたりから3月の三連休程度までは低調に推移していましたが、三連休を境にして人の流れが増加に転じました。3月28、29日の東京都による週末の外出自粛要請時には、それに呼応する形で急減していたことが分かります。
■三連休の”気の緩み”

3月20日(金)~22日(日)までの三連休は、さくらの開花などもあり、外出した人が多かったとの報道がありました。一部ではその行動を”気の緩み”という表現がされていました。では、その”気の緩み”はどの程度のものだったのでしょうか?

三連休当日とその前週の週末とを比較すると、1日の平均のカウント数が9.57%増加していたことが分かります。つまり、三連休ではその前の週の週末よりも約10%多くの人々が西新宿のエリアに外出していました。また、三連休明けの平日では、その前週の平日よりも人の流れが10.39%多くなっていました。つまり、三連休による”気の緩み”は三連休当日だけではなく、むしろその後の平日のほうがより顕著だったことが分かります。

また、三連休の次の週末は、東京都による外出の自粛要請があり、それに呼応して、三連休よりも44.28%の減少となっていました。しかしながら、その次の週末では、外出の自粛要請が引き続きなされたにもかかわらず、前週対比で17.84%の大幅な増加となっていました。つまり、いわゆる”気の緩み”は三連休だけではなく、4月4日, 5日の週末にも現れていました。

観光地の人の流れが激減した報道が見受けられますが、新宿西口のビジネスエリアでは、全体として減少傾向にはありますが、人の流れは一定数存在しています。
■TRAVEL INSIGHTS(トラベルインサイト)とは

Oxyzen株式会社が提供する店舗や施設にIoTセンサーを設置するだけで簡単にはじめることのできる、訪日外国人の国や地域・動向分析サービスです。特許取得済みの独自分析テクノロジーにより、31の国や地域の訪日外国人の動向を分析することができ、国や地域による行動の特性や傾向把握やプロモーション効果測定などのインバウンド対策データとしてご活用いただけます。
【Oxyzen株式会社 概要】
本 社 : 東京都新宿区西新宿3-1-5
新宿嘉泉ビル3F
設 立 : 2015年3月10日
資本金 : 103,750,000円
代表者 : 松井 康至
URL : https://oxyzen.io/

【お問い合わせ先】
TEL:03-6370-0771 /FAX:03-6370-0772
E-mail : pr (アット) oxyzen.io

上記以外のお問い合わせ先
https://oxyzen.io
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Oxyzen 株式会社(オキシゼンカブシキガイシャ)
代表者
松井 康至(マツイ コウジ)
所在地
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-1-5 新宿嘉泉ビル3F
TEL
03-6370-0771
業種
ソフトウエア
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.