2020年04月20日 13:00

『うどんの国の金色毛鞠』の篠丸のどかが描く、小さな恋愛と猫がテーマのショートストーリー集『なんだか世界が美しいのは』。スタートから9年の時を経て、待望の単行本化!! 4月24日(金)発売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ホーム社(本社:東京都千代田区/代表取締役:吉倉英雄)は、2020年4月24日(金)に、篠丸のどかの最新コミック『なんだか世界が美しいのは』を集英社より発売いたします。

【作品概要】
「恋のはじまり、恋の途中、恋の終わり。そこにはいつも猫がいたーーー。」
気鋭の実力漫画家・篠丸のどかが、さまざまな愛のカタチを描いた珠玉のショートストーリーが待望の単行本化!
四国出身の彼女が描いた『うどんの国の金色毛鞠』はアニメ化もされて大ヒット。本作は、彼女がその前からウェブで9年に渡って描き続けてきた全12篇からなる作品です。
テーマは「小さな恋愛と猫」。再会した同級生、会社の上司と部下、倦怠期のカップル、お見合いパーティーで出会った男女、妻に先立たれた父と娘など、さまざまな事情を抱えた登場人物たちが、物語のキーワードとなる猫と一緒に、愛や恋、出会いや別れのドラマを奏でます。

【作品名】
『なんだか世界が美しいのは』

【発売日】
2020年4月24日(金)

【作品情報】
判型:B6判/160ページ
定価:本体690円+税
ISBN:978-4-8342-8505-5
発行:ホーム社/発売:集英社
【作家プロフィール】
篠丸のどか
香川県高松市出身。2003年、高校在学中に「別冊フレンド」(講談社) にてデビュー。2012年、「月刊コミック@バンチ」(新潮社)にて、香川県を舞台にした初の連載『うどんの国の金色毛鞠』がスタート。同作は2016年秋にアニメ化され、全12巻の長期連載となる。著書に『花と黒鋼』全4巻(講談社)、『鶯谷ワールドエンド』1巻(新潮社)、『半沢ニャオ樹』1巻(講談社)など。本作『なんだか世界が美しいのは』は、ホーム社コミックサイト「スピネル」にて、9年に渡り連載された作品。
著者twitter:@nodoka_00
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社ホーム社(カブシキカイシャホームシャ)
代表者
北畠 輝幸(キタバタケ テルユキ)
所在地
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町3-29 共同ビル7F
TEL
03-5211-2650
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
https://www.homesha.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.