2020年04月23日 14:00

「協働ロボットの世界市場:2026年に至るコンポーネント別、用途別予測」最新調査リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「協働ロボットの世界市場:2026年に至るコンポーネント別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
協働ロボット市場は今後急速な成長が見込まれ、その世界市場規模は2020年の推計9億8100万ドルから、2026年には79億ドルにまで拡大するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2026年に至る協働ロボットの世界市場予測(市場規模US$、台数Units)、ペイロード別市場(5 Kg以下、5~10 Kg、10 Kg超)、コンポーネント別市場(ハードウェア各種、ソフトウェア)、用途別市場(ハンドリング各種、組立て/解体、溶接/はんだ付け、ディスペンシング、プロセッシング各種、その他)、需要家別市場(自動車、エレクトロニクス、金属/機械加工、プラスチック/ポリマー、食品/飲料、家具/備品、ヘルスケア、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、 概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
協働ロボットの世界市場:2026年に至るコンポーネント別、用途別予測
Collaborative Robot (Cobot) Market by Payload, Component (End Effectors, Controllers), Application (Handling, Assembling & Disassembling, Dispensing, Processing), Industry (Electronics, Furniture & Equipment), and Geography - Global Forecast to 2026
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Collaborative_Robot_2026_MAM1924.html

【レポート構成概要】
◆協働ロボットの世界市場予測2017-2026年
・市場規模(US$)
・台数(Units)

◆ペイロード別、市場-2026年
・5 Kg以下
・5~10 Kg
・10 Kg超
※(市場規模US$、台数Units)

◆コンポーネント別、市場-2026年
ハードウェア
・ロボットアーム
・エンドエフェクタ/エンドオブアームツール(EOAT)
・ドライブ
・コントローラ
・センサ
・電源
・モーター
・その他
ソフトウェア
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2026年
ハンドリング
・ピックアンドプレース
・マテリアルハンドリング
・パッケージング/パレタイジング
・マシンテンディング
組立て/解体
溶接/はんだ付け
ディスペンシング
プロセッシング
・研削
・切削
・切断
その他
※(市場規模US$、台数Units)

◆需要家別、市場-2026年
・自動車
・エレクトロニクス
・金属/機械加工
・プラスチック/ポリマー
・食品/飲料
・家具/備品
・ヘルスケア
・その他
※(市場規模US$、台数Units)

◆主要国地域別市場-2026年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、イタリア、スペイン
・フランス、英国
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、韓国
・台湾、タイ、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・中東アフリカ
・南米
※地域別に需要家別の細分化データ掲載、詳細は目次参照
※セグメント相互を掛け合わせた細分化データ掲載
※(市場規模US$、台数Units)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・バリューチェーン分析
・ケーススタディ
・IoTとの統合
・市場シェア分析
・競合状況

◆協働ロボットの主要企業プロフィール動向
・UNIVERSAL ROBOTS
・TECHMAN ROBOT
・ファナック株式会社
・KUKA
・DOOSAN ROBOTICS
・AUBO ROBOTICS
・ABB
・株式会社安川電機
・PRECISE AUTOMATION
・RETHINK ROBOTICS

(その他企業)
・MABI ROBOTIC
・FRANKA EMIKA
・COMAU
・F & P ROBOTICS
・STÄUBLI
・ROBERT BOSCH
・PRODUCTIVE ROBOTICS

(全182頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Collaborative_Robot_2026_MAM1924.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年4月22日

★関連レポート
「直交ロボット(ガントリーロボット)の世界市場:軸数別、用途別2025年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Gantry_Robot_2025_MAM1886.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
リサーチステーション合同会社(リサーチステーションゴウドウガイシャ)
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://researchstation.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.