2020年04月23日 16:30

VIA、自動車の電気/電子システムの機能安全に関する国際規格 ISO 26262を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年4月23日 台湾・新北市 - VIA Technologies, Inc.は、台湾時間の4月22日、世界有数の第三者試験・検査・認証機関であるSGSグループのSGS-TÜV Saar GmBHから、市販車の電気・電子システムの機能安全性に関する国際規格であるISO 26262プロセス審査認証を取得したことを発表いたしました。この認証により、VIAは最高レベルの安全性(ASIL D)を達成する自動車グレードのデバイスを開発することができるようになります。

その概要は以下の通りです。

・ 生産用自動車の電気・電子システムに関する国際規格「ISO 26262」の認証を取得
・ 認証には、ISOで定義されたもっとも厳しい分類基準であるASIL(Automotive Safety Integrity) D要件に準拠したプロセス監査が含まれています。
・ 認証プロセスはSGS-TÜV Saar GmBHによって実施されました。

「SGSは、市場でもっとも厳しい検査基準に従って運営されている独立した試験機関です」とSGS台湾のJack Kuo副社長は述べています。「VIAは、自動車市場に関連する機能安全の原則とプロセスに準拠していることを実証しました。当社は、同社にISO 26262 ASIL Dプロセス認証を付与できたことをうれしく思います」

VIA Technologies, Inc.の国際マーケティング担当VP、Richard Brownは、「自動車産業向けのボードおよびシステムの開発において、安全性は当社の最優先事項です」とコメントしています。「当社のISO 26262認証は、もっとも厳しい安全基準を満たす世界クラスのソリューションの開発を確実にするというコミットメントを明確に示しています」

ISO 26262 - 道路運送車両の機能安全
自動車に搭載される電子システムの増加に伴い、安全性を確保するための新しい自動車規格が必要とされていました。ISO 26262規格は、より一般的な機能安全規格であるIEC 61508を発展させたものであり、乗用車の電子・電気システムを含む自動車機器の機能安全性を規定したものです。

ISO 26262では4つのASIL (Automotive Safety Integrity Level)が定義されており、ASIL Dは最高のインテグリティ要件とされています。この規格は、車両内のデバイス、ケーブル、コネクタ、その他の技術の急速な拡大、とくに高度なコンピュータシステムの統合に対応するために開発されました。

認証サービスは、ISO規格の試験、検証、認証の分野のリーダーであるSGSによって実施されました。徹底した試験プロセスにより、自動車産業向けの機能安全規格が開発プロセスとハードウェア設計に実装されていることが実証されています。

ISO 26262の詳細については、下記URLをご参照ください。
https://www.iso.org/standard/68383.html

VIA Technologies, Inc.について
VIA Technologies、Inc.は、交通、産業およびスマートシティアプリケーション向けの革新的なスマートソリューションを通じ、ビジネスを高度なAI、IoT、コンピュータービジョンテクノロジーに接続するための国際的なリーダーです。台湾・台北に本社を置くVIAのグローバルネットワークは、米国、アジア、ヨーロッパのハイテクセンターとリンクし、世界をリードするハイテク、産業、運輸会社の多くを含む顧客に広がっています。
http://www.viatech.com/

お客様からのお問い合わせ先
VIA Technologies Japan株式会社
メールアドレス: mktjp@viatech.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

会社概要

商号
VIA Technologies Inc.(ヴィアテクノロジーズ)
代表者
陳文琦(ウェンチー・チェン)
所在地
〒-
新北市新店區 中正路533號8樓
TEL
+8862-2218-5452
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.viatech.com/
IR情報
http://www.via.tw

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.