2020年04月28日 14:00

キャップスクリニック、乳児健診を無償で実施 ~新型コロナウイルス感染症感染拡大の中、子育て支援をさらに拡充~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
首都圏で365日年中無休の「キャップスクリニック」を展開する医療法人社団ナイズ(東京都渋谷区、理事長:白岡亮平、以下「キャップスクリニック」)は、キャップスクリニック全拠点(東京都5拠点、千葉県1拠点、神奈川県1拠点の計7拠点)において、3-4か月乳児健診をクリニックの全額負担により、無償で実施することといたしました。

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、通常は自治体による集団健診として無料で実施される乳児健診についても、その多くが延期・中止される状況となっています。なかでもお子様の大切な時期である、3-4か月の健診を多くの自治体が延期・中止している現状は、非常に危惧されるものといえます。

そこでキャップスクリニックでは、2020年4月28日(火)から当面の間、3-4か月健診を延期・中止している自治体にお住いの方を対象に、3-4か月乳児健診費用(通常6,000円)をクリニックの全額負担にて、無償で実施することといたしました。

キャップスクリニックではこれまでも、新型コロナウイルス感染症に感染するのではないかという不安などから医療機関に行けずに困っている、いわゆる医療難民の方たちが安心して受診できるよう、午前の診療時間を予防接種・健診の専用時間帯とする「時間帯別診療」や、来院なく診療から処方まで行う「オンライン診療」を実施していますが、今回の「乳児健診の無償実施」により、新型コロナウイルス感染症の渦中における子育て支援をさらに拡充してまいります。

》ご案内ページ:https://www.caps-clinic.jp/post/oshirase-200428

キャップスクリニックは、地域に根差したプライマリケアクリニックとして展開し、小児科を中心に年間約30万人のご来院を受けています。また、医療面からの子育て支援にも積極的に取り組んでいます。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を阻止しようと社会全体が取り組む中、その一方で増え続ける医療難民が置き去りにされることのないよう支える体制を整えるとともに、新型コロナウイルス感染症疑いの患者様についてもできる限り対応していくことで、これからも地域医療に貢献してまいります。
  • 医療、福祉

会社概要

商号
医療法人社団ナイズ(イリョウホウジンシャダンナイズ)
代表者
白岡 亮平(シラオカ リョウヘイ)
所在地
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町17-5 代官山 蔦屋書店1号館3F
TEL
03-6455-1754
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.mnys.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.