2020年05月01日 16:00

新型コロナウイルス(COVID-19)研究検索AIツール「CLARA」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

       新型コロナウイルス(COVID-19)研究検索AIツール「CLARA」を公開

クリムゾンインタラクティブ(Crimson Interactive Pvt. Ltd.)が提供する研究支援エナゴは、研究者向けのクラウドベースのAIツール「CLARA(クララ)」を2020年4月30日に公開しました。新型コロナウイルス(COVID-19)の研究に関わる膨大な数の研究論文や治験データのオープンソースの中から、利用者がそれぞれの検索クエリを設定することで、自らの研究に関わるデータに迅速にアクセスでき、必要な情報を収集できます。

CLARA・新型コロナウイルス研究のAI検索ツールhttps://www.enago.jp/covid/

新型コロナウイルスが猛威を振るい世界の人々の生活を直撃する中、多くの研究者が解決策を探るために国境を越えて手を携えています。これを受けエナゴでは、新型コロナウイルス(COVID-19)についての情報収集や研究を効率化するためのAIツール・CLARAを開発いたしました。主要な研究論文を単一のリポジトリで網羅するCLARAを使えば、学術出版社や政府系機関が提供する複数のプラットフォームで公開されている研究論文や治験データの中から、それぞれの研究者の皆様に関連性の高い情報を一括抽出できます。使い方も非常にシンプルなため、ぜひご活用ください。

この地球規模の危機を受けて、エナゴのAIエンジニアチームは、主要学術出版社や政府系機関の公開する新型コロナウイルス感染症に関わる4万2千以上の論文と500以上の治験データに常にアクセスできるアルゴリズムを作り上げました。

CLARAにはCOVID-19関連の公開されている全データがまとめられており、キーワードや要旨を入力するだけで関連する研究を一括検索できます。また、雑誌の発行国や出版日など検索条件を追加し、日々更新されるデータの中からユーザーに必要な情報だけを抽出することもできます 。CLARAの開発は、新型コロナウイルスに関する研究論文をオープンアクセスとしたカルガー(Karger)やエルゼビア(Elsevier)、テイラー・アンド・フランシス(Taylor & Francis)をはじめとした多くの出版社の取り組みのおかげで可能になりました。

「新型コロナウイルスに挑む研究者たちに私たちは寄り添います。」エナゴ最高経営責任者シャラド・ミッタルはこう述べています。「研究発表がかつてない程に重大な意味を持つ今、エナゴでは誰もが利用できるCLARAというツールの開発により、状況の打開に少しでも貢献したいと考えています。今後は、言葉の壁を越えて研究者の皆様にCLARAをご活用いただけるよう、中国語版、日本語版、韓国語版などを公開していく予定です。」

ぜひ、お知り合いの研究者にも本ツールの情報を共有いただき、新型コロナウイルスに関する研究にお役立てください。

CLARA・新型コロナウイルス研究のAI検索ツールhttps://www.enago.jp/covid/

研究支援エナゴについて(www.enago.jp)
エナゴは世界有数の学術研究支援サービスで、論文投稿支援や校正サービスにより論文発表のサポートを行っています。契約を交わす科学者、研究者、翻訳者、ソフトウェア開発者、プロジェクトマネージャー、学術出版の専門家が全世界に3000人以上在籍し、その幅広い知識と経験によって広範な専門分野に対応しています。言語学、自然言語処理、AI、データ分析などについての知見と技術を活かし、お客様のニーズに合った各種校正校閲サービスや論文投稿支援サービス、そして高いインパクトファクターのジャーナルへの投稿をスムーズにする最新のAIツールを提供しています。
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社クリムゾンインタラクティブ・ジャパン(クリムゾンインタラクティブジャパン)
代表者
Sharad Mittal(シャラド ミッタル)
所在地
〒101-0021
東京都千代田区外神田2丁目14−10 第2電波ビル4階
TEL
03-3525-8001
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.