2020年05月15日 10:30

電気グルーヴ、ASKA、槇原敬之…ミュージシャンと薬物事件から“自粛”社会ニッポンを問う。坂本龍一氏、推薦! 集英社新書『音楽が聴けなくなる日』(宮台真司・永田夏来・かがりはるき著)が5月15日発売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


電気グルーヴのピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕された翌日、
レコード会社は全ての音源・映像の出荷停止、在庫回収、配信停止を発表した。
近年ミュージシャンの薬物事件ではこのような対応が即座になされ、また強化されてきたが、
その「自粛」は何のため、誰のためのものだろうか?
こうした社会の在り方に異議を唱える一冊が、5月15日(金)発売の集英社新書『音楽が聴けなくなる日』だ。


「問題表現」を、根拠のない悪影響を理由に縛れません。各人で異なる道徳観に基づく快不快のどれかを擁護することも、公共性がありません。だから、悪影響があるとか犯罪者だからという理由で電気グルーヴ作品の販売や配信を停止するソニーの措置に、合理性はありません。(宮台真司・本文より)


「自粛」社会に対して、著者たちがそれぞれの立場から問題の背景と構造を明らかにし、現代社会における「音楽」「薬物」「自粛」の在り方について考察を深めていく。
巻末の音楽自粛小史は必見!

◆目次
はじめに―永田夏来
第一章 音楽が聴けなくなった日―永田夏来
ピエール瀧逮捕で電気グルーヴが聴けなくなる/署名提出とその後/自粛と再帰性/友達と、社会と
第二章 歴史と証言から振り返る「自粛」―かがりはるき
音楽自粛30年史/事務所、ミュージシャン、レコード会社それぞれの言い分
第三章 アートこそが社会の基本だ―宮台真司
快不快は公共性を持たない/アートの思想こそが近代社会の基本だ/好きなものを好きと言おう
おわりに―宮台真司
音楽自粛史年表


◆書籍情報
書名:音楽が聴けなくなる日
発売日:5月15日(金)
著者:宮台真司・永田夏来・かがりはるき
定価:本体820円+税
体裁:新書版
URL:https://shinsho.shueisha.co.jp/

◆著者プロフィール
宮台真司(みやだい しんじ)
1959年、宮城県生まれ。社会学者。東京都立大学教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。著書多数。

永田夏来(ながた なつき)
1973年、長崎県生まれ。社会学者。兵庫教育大学大学院准教授。早稲田大学で博士(人間科学)を取得。専門は家族社会学。

かがりはるき
音楽研究家。ブログやSNSを拠点に研究・調査等を行っている。
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

  • 書影画像

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.