2020年05月20日 11:30

給付金10万円の使い道は、「生活費の補填」や「貯蓄」という堅実的な声が多い【イプソスの自主調査結果】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月20日ー特別定額給付金10万円が支給されることが4月に発表になったことを受け、グローバル市場調査会社のイプソスの定性調査部門であるIpsos UUでは、シンジケートコミュニティ*に参加しているメンバーの皆様に「給付金10万円の使い道」について問いかけてみました。その結果、新型コロナウィルスの影響による収入減や先行き不安により、10万円は生活費補填や貯蓄にまわすという声が多く、趣味や娯楽などに使ったり、「経済をまわす」という形で使用する意識が弱いことが浮き彫りになりました。

<調査結果の抜粋>
10万円の給付金をどのように使いますか?

使い道として回答が多かったものは・・・
仕事が減ったことによる収入減、食費の増加、テレワークのための不意の出費、ボーナス削減、経済への不安・・・などによって、なかなか本来使いたいことに使うのは難しいのが現状のようです。ただし、一部ではありますが、下記のような「アフターコロナ」の新しい日常を見据えた使い道も挙がっていました。
<調査概要>
調査目的: 特別定額給付金10万円の使い道を把握する
対象者:シンジケートコミュニティに参加する20代-60代男女647名
実施日:4/27(月)~5/11(月)

イプソスの『シンジケートコミュニティ』で、消費者の“今”について気軽に聞いてみませんか?

*シンジケートコミュニティはイプソスが日本で運営するMROCサービスです。

■ ■ ■  イプソスについて  ■ ■ ■
1975年創業。イプソスはリサーチのプロフェッショナルが経営する世界第3位のグローバル市場調査会社です。世界90カ国の拠点では、16,000人以上のスタッフが、5,000を越えるクライアントにサービスを提供しています。年間の実施インタビュー数は4,700万件以上に上ります。GreenBook Research Industry Trend Report 2019で最もイノベイティブなリサーチ会社に選ばれました。Ipsos in Japan ホームページ: https://www.ipsos.com/ja-jp

【本件に関するお問い合わせ先】
イプソス株式会社 マーケティング&コミュニケーション担当
Email: japan.info@ipsos.com
  • 政治、経済、マネー

会社概要

イプソス株式会社
商号
イプソス株式会社(イプソスカブシキガイシャ)
代表者
内田 俊一(ウチダ シュンイチ)
所在地
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル
TEL
03-6867-8001
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.ipsos.com/ja-jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.