2020年05月22日 10:00

『マイクロLEDディスプレイ』の新しい調査レポートを、IDTechExが販売開始。専門分野のアナリストが、グローバルな技術動向を詳しく分析。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IDTechEx(英国の先進技術調査会社)は、
『マイクロLEDディスプレイ』の、市場の動向分析、サプライチェーンの理解、プレーヤーの活動状況、技術の限界と可能性、世界のトレンドを網羅した、新しい調査レポート 『マイクロLED ディスプレイ 2020-2030年: 技術、商品化、チャンス、市場および有力企業』をリリースし、2020年5月15日より、日本法人のアイディーテックエックス株式会社での販売を開始しました。
https://www.idtechex.com/ja/research-report/micro-led-displays-2020-2030-technology-commercialization-opportunity-market-and-players/738

IDTechExの調査では、小さなサイズから巨大なサイズまで製造可能で、次世代の主流になる可能性を秘めたディスプレイ、『マイクロLEDディスプレイ』の開発には様々な動機があると分析しています。

ほとんどのディスプレイ用途でLCDが優位に立ち、OLED(有機EL)とQD-LCD(量子ドットLCD)は、プレミアム製品に位置付けられている一方で、なぜ企業はマイクロLEDへの取り組みを、今なお、続けているのでしょうか?

◆ 『マイクロLEDディスプレイ』は、広色域、高輝度、低消費電力、優れた安定性、長寿命、広視野角、高ダイナミックレンジ、高コントラスト、高速リフレッシュレート、透過性、シームレス接続、センサー統合機能など、多くの価値を提案するものです。こうした提供価値には、LCD、OLED、QDなど別の技術で実現できるものもありますが、マイクロLEDは独自の価値提案を持ち、多くの企業がそれを追求しています。消費者からの要求は、その大きな動機の1つです。加えて、OLEDが初めて市場に登場した際に、その強みが打ち出されたように、マイクロLEDもサプライヤーにとって独自の強みとなる可能性があります。

◆ もう一つのドライバーは供給側にあります。現在のディスプレイ市場は、コスト競争力で中国に生産拠点を移しているLCDと、韓国が技術を保有しているプレミアムのOLEDに支配されています。新しいディスプレイ技術に参入することは、プレイヤーに新たなチャンスをもたらす可能性があります。

◆ 第三に、さらに多くのプレーヤーがマイクロLED業界を追いかけています。今のところ、マイクロLEDは彼らの主要な焦点ではないかもしれませんが、彼らはマイクロLEDが実際に軌道に乗ったときに取り残されるのではなく、すぐに追いつくことができるように、マイクロLEDに注目しています。
出展 : IDTechEx調査レポート :「LCD、OLED、QD、マイクロLEDディスプレイのバリュープロポジション」

調査レポート目次
■ エグゼクティブサマリー
■『マイクロLEDディスプレイ』の基本的解説
■ エピタキシーとチップ製造
■ トランスファーとアッセンブリー
■ 検査
■ 欠陥管理
■ マイクロLEDディスプレイのフルカラー化
■ 照明管理
■ バックプレーンとドライブ
■ コスト分析
■ マーケット分析
■ プレイヤーとケーススタディ

本調査レポートでは、「エンジニアリングや製造面の課題」、「研究開発の焦点のシフト」、「サプライチェーンの再編」も取り上げています。


【当調査レポートの詳細】
https://www.idtechex.com/ja/research-report/micro-led-displays-2020-2030-technology-commercialization-opportunity-market-and-players/738

【関連アナリスト記事】
https://www.idtechex.com/ja/research-article/what-you-should-know-about-micro-led-displays/20568

IDTechExの調査レポートは、アイディーテックエックス株式会社 (IDTechEx日本法人) が、販売しています。
IDTechExからの直接販売により、お客様へ各種メリットを提供しています。

【本件に関するお問合せは下記まで】
アイディーテックエックス株式会社
100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
URL: https://www.idtechex.com/ja
担当:村越美和子  m.murakoshi@idtechex.com
電話 : 03-3216-7209




  • 科学、技術研究、環境

会社概要

アイディーテックエックス株式会社
商号
アイディーテックエックス株式会社(アイディーテックエックス)
代表者
山元 康夫(ヤマモト ヤスオ)
所在地
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル21階
TEL
03-3216-7209
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
https://www.idtechex.com/ja

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.