2020年06月04日 18:00

後継者への承継はもちろん、第三者への売却(M&A)や廃業時の清算手続など、事業承継の場面で検討・実施すべき様々な手続を取り上げた『事例式 事業承継手続マニュアル』を5月28日(木)発行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新日本法規出版株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番20号、代表取締役:星謙一郎 https://www.sn-hoki.co.jp/) は、後継者への承継はもちろん、第三者への売却(M&A)や廃業時の清算手続など、事業承継の場面で検討・実施すべき様々な手続を取り上げた『事例式 事業承継手続マニュアル』加除式書籍16,500円(税込)を5月28日(木)に発行しました。


加除式書籍とは、バインダー形式の「台本」に登載されている法令・通達の改正や新しい事例の追加など「台本」の内容に変更・補正の必要が生じた場合に、その該当ページ部分だけを差し替える「追録」(有料)が発行される書籍です。



事業の承継・譲渡・清算を円滑に進めるために!

◆事業の承継・譲渡・清算に必要な手続を集約!
後継者への承継はもちろん、第三者への売却(M&A)や廃業時の清算手続など、事業承継の場面で検討・実施すべき様々な手続を取り上げています。
◆文例・書式を豊富に登載!
各種議事録、契約書、通知・公告など、参考となる文例・書式を多数登載しています。
◆各分野の専門家が執筆!
事業再生、税務、会社法、家族法、労働法など、事業承継に関連する各分野に精通する弁護士・税理士等が執筆した、信頼できる確かな内容です。


【掲載内容】

第1章 総 説
第1 事業承継の必要性等
第2 事業承継政策の概要

第2章 現状把握・方針検討
第1 現状把握
○会社の現状を把握するとき
○経営者個人の現状を把握するとき
○名義株や所在不明株式が存在するとき
○弁護士等専門家の関与が利益相反(双方代理等)に当たるおそれがあるとき
第2 方針検討
○後継者・承継方法を検討するとき
○事業承継計画を作成するとき
○事業の収益性を検討するとき
○財務の分析をするとき
○持分会社(合名会社・合資会社・合同会社)における持分の移転を検討するとき

第3章 後継者への事業承継
第1 株式の分散防止
○後継者個人が少数株主から株式を取得するとき
○会社が全株主から自己株式の取得を行うとき
○会社が特定の株主から自己株式の取得を行うとき
○相続人等に対する株式売渡請求を行うとき
○特例有限会社における株式売渡請求権の行使と総会決議の方法は
○特別支配株主による株式等売渡請求を行うとき
○全ての株式に譲渡制限の規定を設けるとき
○議決権制限株式を発行するとき
○拒否権付種類株式を発行するとき
○取得条項付株式を発行・取得するとき
○全部取得条項付種類株式を発行・取得するとき
○新株予約権を発行するとき
○新株予約権の権利行使をするとき
○株式併合を行うとき
○従業員持株会制度を導入するとき
第2 納税対策
○相続税額を試算するとき
○事業種目の変更によって株式の評価額を引き下げるとき
○配当金の見直しによって株式の評価額を引き下げるとき
○第三者割当増資によって株式の評価額を引き下げるとき
○事業承継の認定を受けるとき
○事業承継税制の年次報告を行うとき
○事業承継税制の特例承継計画に係る報告を行うとき
○贈与税の納税猶予期間中に旧経営者(特例贈与者)が死亡したとき
○小規模宅地等の特例を利用するとき
○延納を申請するとき
○物納を申請するとき
○死亡退職金の非課税枠を活用するとき
○生命保険の活用により納税資金を確保するとき
第3 遺留分対策
○遺留分放棄の許可を申し立てるとき
○遺留分に関する民法特例を利用し、除外合意・付随合意するとき
○遺留分に関する民法特例を利用し、固定合意・付随合意するとき
○遺留分対策として生命保険、融資等を活用するとき
第4 承継のための資金調達
○経営承継円滑化法の金融支援措置を受けるとき
○経営承継円滑化法の金融支援措置の認定を受けるとき(会社・個人事業主)
○経営承継円滑化法の金融支援措置の認定を受けるとき(代表者個人)
○中小企業投資育成株式会社を利用するとき
第5 株式・財産の承継
○株式を後継者に生前贈与するとき
○株式を非後継者も含めて生前贈与するとき
○株式を生前売却するとき
○事業用不動産を生前贈与するとき(相続時精算課税含む)
○株式・財産を遺言又は死因贈与により承継させるとき
○役員が株式譲渡代金を資金調達するとき
○持株会社を設立してファンドから資金調達を受けてMBO・EBOを実施するとき
○SPCがLBOファイナンスを受けてMBO・EBOを実施するとき
○会社分割を行った会社を複数の後継者に承継させるとき
○株式を信託財産とし、後継者を受益者に指定し、委託者死亡時に受益者に権利移転させるとき(遺言代用型)
○株式を信託財産とし、議決権を留保しながら後継者を受益者に指定するとき
○株式を信託財産とし、後継者を受益者に指定し、さらに後継者死亡に備え権利帰属者を指定するとき
○経営者の個人保証・担保を見直すとき
第6 経営権・代表権の承継
○代表取締役を解任するとき
○旧経営者に役員退職慰労金を支給するとき
○認知症のオーナーから代表権・経営権を承継するとき
○オーナー経営者の経営権を、親族である後継者に移転するとき
○旧経営者に、経営権承継後も、会社経営上の決定権を一部残したいとき
○オーナー経営者の経営権を、役員・従業員に移転するとき
○オーナー経営者一族に株式を残したまま、親族外の後継者に経営をさせるとき(いわゆる「雇われ社長」のとき)
○合同会社の経営者が、代表権・経営権を後継者に移転するとき
○過去の役員選任手続等に不備があるとき
第7 債務超過企業の事業承継
○債務超過企業の事業承継を進めるとき
○債務超過企業の親族内承継・従業員承継をするとき
○特定調停手続を用いて第三者への事業承継をするとき
○法的手続を用いて事業承継をするとき
○経営者保証ガイドラインを用いて保証債務を整理するとき

第4章 第三者への売却(M&A)
第1 株式譲渡による承継
第2 その他組織再編による承継
第3 労務関係の承継
第4 債権債務の承継
第5 M&Aの手法の選択と税務・会計

第5章 事業清算(廃業)
第1 清算手続
第2 労務関係の清算
第3 会計・税務

索 引
○事項索引

第4章以下は細目次を省略してあります。
内容を一部変更することがありますので、ご了承ください。



【新日本法規出版株式会社が運営する販売サイト】
▼新日本法規WEBサイト(新日本法規出版株式会社が提供する法律書籍販売サイト)
『事例式 事業承継手続マニュアル』(加除式書籍)
https://www.sn-hoki.co.jp/shop/item/0660?PR



【書籍情報】
書 名 :事例式 事業承継手続マニュアル
編 集 :事業承継運営実務研究会
代 表 :内藤良祐(弁護士)
定 価 :16,500円(本体価格15,000円+税)
発行日 :2020年5月28日
体 裁 :加除式書籍(※) B5  1,200頁 全1巻・ケース付
発 行 :新日本法規出版株式会社
(※)加除式書籍とは、バインダー形式の「台本」に登載されている法令・通達の改正や新しい事例の追加など「台本」の内容に変更・補正の必要が生じた場合に、その該当ページ部分だけを差し替える「追録」(有料)が発行される書籍です。


【本書に関する報道・メディア関係のお問い合わせ先】
新日本法規出版株式会社(https://www.sn-hoki.co.jp/
営業局 推進部 担当:松浦
E-mail : web-marketing@sn-hoki.co.jp
TEL : 052-211-5785
FAX : 052-211-1522
公式フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ShinnipponHoki/
公式ツイッターアカウント:https://twitter.com/SHINNIPPON_HOKI
  • 教育、資格、スキル

会社概要

新日本法規出版株式会社
商号
新日本法規出版株式会社(シンニッポンホウキシュッパンカブシキガイシャ)
代表者
星 謙一郎(ホシ ケンイチロウ)
所在地
〒460-8455
愛知県名古屋市栄1丁目23番20号 
TEL
052-211-5788
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
会社HP
https://www.sn-hoki.co.jp/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.