2020年06月02日 14:00

研究支援エナゴが「Trinka (トリンカ)」- 学術論文とテクニカルライティングに特化した世界初のAI校正ツールを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリムゾンインタラクティブ(Crimson Interactive Pvt. Ltd.)(インド ムンバイ、代表:シャラド・ミッタル (Sharad Mittal))の運営する論文・テクニカルライティングの英文校正、ネイティブチェックから投稿サポートまでのトータルソリューションを提供する研究支援エナゴは、英語の学術論文とテクニカルライティングに特化した世界発のAI校正ツールTrinka(トリンカ)を2020年6月1日に公開しました。

■正しい文法・適切な文体で、 洗練された英文に。AI校正ツールTrinka:
https://www.trinka.ai/jp/

これまで、一般的な英語校正ツールはすでに存在していましたが、研究者のニーズに対応する学術系・科学技術系の校正ツールはありませんでした。Trinkaは英語で書かれた学術系文書やテクニカルライティングを、分野ごとの微妙な表現の違いを踏まえて校正します。
Trinkaは、単なる文法ミスの修正ツールではありません。文構造、単語選択、専門用語のスペルなど3000種以上の複雑な文法ミスを修正し、学術的文章や技術的文章を作成する場合にその真価を発揮します。Trinkaは、対象分野を判別してその分野ごとの文章スタイルに沿った校正を行い、自然な英文に修正します。

クラウド上での校正機能Trinka Cloudを利用すれば外出先での作業も効率的に。入力された内容を瞬時に把握し細かい修正案を提案してくれるため、ライティングのスキルも身につきます。

また法人・機関向けアカウントTrinka Enterpriseにご契約いただくと、すべての機能を無制限にご利用いただけます。大学や研究機関、翻訳会社、出版社、言語やコンテンツを扱う企業など幅広い分野の皆様に最適なツールです。

エナゴ創業者でCEOのシャラド・ミッタルは、Trinkaについて次のように説明しています。「学術論文の執筆やテクニカルライティングの現場では、長年の間、正確な文法と学術的な文章校正で研究成果を世界に発信するためのライティング支援ツールが求められていました。Trinkaはこうした研究者たちの要望にお応えできると考えています。Trinkaの導入により、論文著者や学術分野のライター、出版者、消費者の皆様に包括的な言語ソリューション・研究支援を提供することができればと願っています。」

■Trinka (https://www.trinka.ai/jp/)について
Trinkaは、学術論文・テクニカルライティングに特化した世界初のAI校正ツールです。言語の壁を取り払い科学的知見の伝達を円滑にすることを自らのライフワークとし、ツールの開発を主導し続ける当社の女性スタッフTrinka(トリンカ)の名前を冠しています。エナゴが創業以来培った語学的・技術的資産を活用しながら、言語の専門家と科学者、エンジニアによりインド国内で開発されたTrinkaが、世界中の研究者・テクニカルライターの皆様の専門性の高い文書作成をサポートします。エナゴはインド発のグローバル企業として、Trinkaの活用による世界中での研究促進を願っています。
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社クリムゾンインタラクティブ・ジャパン(クリムゾンインタラクティブジャパン)
代表者
Sharad Mittal(シャラド ミッタル)
所在地
〒101-0021
東京都千代田区外神田2丁目14−10 第2電波ビル4階
TEL
03-3525-8001
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.