2020年06月04日 11:30

NSW、AIにより正しい手洗いを判定・記録する「手洗いVision」を提供開始 ~動作認識と手順判別にAIを活用し、人による目視判定を自動化~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、AIソリューション「Toami Visionシリーズ」の第5弾として、AIによる正しい手洗いの動作・手順判定サービス「手洗いVision」を本日より提供開始します。

これまで食品事業者を中心に、「正しい手洗い」の確認は人による目視で行われていることが多く、コストおよびリソースにおいて大きな課題を抱えていました。
そこで当社は、昨年度より食品工場における正しい手洗い動作および手順の判定・記録について「動作認識AI」、「手順判別AI」など複数のAIを活用した実証実験を実施してきました。その結果、手洗いの各工程別動作の判定では90%以上、手順や各工程の時間など一連の動作判定でも90%以上の検知率を確認しています。併せて判別の自動化により人による目視がなくなり、コストや工数の削減を実現したことから、このたび正式にサービス化しました。

■サービスイメージ
■特長
1. 複数のAIで動作判別・手順判別を行い、ルール通りの正しい手洗いか判定
2. 手洗い開始のタイミングを自動で検出
3. 画角や明るさなど、カメラ設置環境に特化したチューニングを実施
4. 動作記録(動画)、過去の判別ログを記録
5. 人の自動判別も可能(※オプション)

昨今、新型コロナウイルス(COVID-19)を含む感染症の他、風邪や季節性インフルエンザ・食中毒の予防として、食品事業者に限らず「正しい手洗い」の重要性がさらに増しています。このような状況を踏まえ、今後NSWでは「手洗いVision」の派生サービスにより、多くの人が同一のものに接触する頻度の高い教育現場や公共施設、医療・介護施設、工場、コールセンターなどの衛生管理強化に貢献していきます。

以上

■サービス構成(最小構成例)

■関連リンク
AIソリューション「Toami Visionシリーズ」
https://www.m2m-cloud.jp/vision/

※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。
詳細はhttps://www.nsw.co.jp/ をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:大石
TEL:03-3770-0096
E-mail:ml-analytics@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp


  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

日本システムウエア株式会社
商号
日本システムウエア株式会社(ニッポンシステムウエアカブシキガイシャ)
代表者
多田 尚二(タダ ショウジ)
所在地
〒150-8577
東京都渋谷区桜丘町31-11 
TEL
03-3770-1111
業種
ソフトウエア
上場先
東証一部
従業員数
5000名未満
会社HP
https://www.nsw.co.jp
IR情報
https://www.nsw.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.