2020年06月04日 13:00

TÜVの詳細分析|ジンコソーラーTiger Proはどのようにシステム端からLCOEを下げるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月2日、ジンコソーラーの「Tiger Pro」が、7 0ヶ国以上に展開する国際的な第三者認証機関TÜV NORD(TÜV NORDは、TÜV NORD GROUPのメンバーであり、ドイツ・ハノーバーに本部を置く)に認証された。ジンコソーラーはその詳細分析レポートを公表した。

ここ数年来、中国太陽光発電業界が政府のグリッドパリティ政策に推進により、モジュールの出力の継続向上すると共に、グリッドパリティ時代の到来を推進している。モジュール技術革新に伴い、各太陽光パネルメーカーのモジュールの出力と変換効率も次第に高くされていく。現在業界の中で、各大手メーカーは相次いで新型高効率のモジュールを発売している。そのため、より多くの投資家とEPC会社は高出力のモジュールに注目を集める。そのため、高出力モジュールはシステムの面で、どのようにコスト削減を実現するのは話題になった。

TÜV NORDは,ジンコソーラー高効率モジュールはどのように主流モジュールになっているかということについて、他の主流モジュールと比較した。レポートにより、120 MW直流側のプロジェクトを前提条件として、技術案の審査と財務収益分析を通じて、経済性表現の面について、ジンコソーラー出力の530 Wと535 W、他の2つの主流モジュールと比較した。初年度の発電利得を考慮せずに、最終収益を投資家とEPC社の需要に合わせる。

プロジェクトに適用する三つのモジュールを公正的で、客観的に比較するために、TÜV NORDは同じプロジェクトの場所で分析した。同じ地理的位置、発電所のタイプ、気象条件、売電価格、税金政策では、結果の不確定要素を減らした。場所はプロジェクトとする青海ゴルモクを選んだ。このところは、中国I段階光照射地域で、年間光照射は2195時間に達し、通年に温度が低く、年間平均気温が6.69℃、地面が平らである。

同テストの所在地基本情報は以下の通り:


TÜV NORDが市場上の既存プロジェクトに対する類比分析を組み合わせて、プロジェクトの前期開発費用、EPCコストと系統連系費用の3つの初期投資コストが含まれるをシミュレーションすることができる。ジンコソーラーの530W/535 WのモジュールをPV Systソフトでシミュレーションすると、プロジェクトの初年の発電量を計算することができる。3つのモジュールの減衰性は、システム運用・保守コストと同じだを仮定するとの結果は以下となる。


既定の統合された直流側容量、土地利用可能性とモジュール価格の場合、ジンコソーラー530W/535 Wのモジュールが選ばれたプラン1はプラン2とプラン3より、LOCEと収益率は大きな優位性が持っている。主に次の側面に反映された。

1、TR技術を採用し、マルチバスバー技術による高出力と高変換効率を持っている。高出力のモジュールの採用は、システム全体にとって、容量比が変わらず、ストリング数を減少し、取り付けコスト、さらに発電所の敷地面積も減少する。より高い変換効率のモジュールを採用すると、架台に置くモジュールは発電量が高め、架台システムの負荷面積を減少し、そのために架台システムのコストが低減される。

2、より低い開路電圧を持つ。モジュールの開路電圧は単一のモジュール枚数を決定する。低い開路電圧はモジュールの数を増加させ、これによるモジュール全体の列数を減少させる。架台、ケーブル、取り付けコストも減少し、プロジェクトのコストを大幅に低減できる。

3、高品質と高信頼性のモジュール。ジンコソーラーは業界でトップレベルの生産ラインを持っている。生産ラインの故障率と離散率が極めて低いため、MPPTの効率を大幅に高めて、より高いインバータ出力に達することができる。

今回の審査結果から見ると、ジンコソーラー530W/535 Wモジュールは技術的にも経済的にも、ある程度の競争優位を備える。グリッドパリティの発展に従って、システム側に対して、システムテイゲンの最適化によって、LOCEをより低くさせ、プロジェクトの利益最大化をさせる。

インバーター容量を改善することにより、関するコスト削減を実現できる一方で、平地が少なく、200KW以上のマルチチャンネルストリングマシンは全体の発電量を増加することができる。それ以外、適用のデジタル製品が多くなりつつ、コスト削減の方法も多くなり、プロジェクト収益が増加できる。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが11.5GW、太陽電池が10.6GW、太陽光発電モジュールが16GWに達している。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、このプレスリリースの原稿の提供するいかなる資料は発表日を切って有効で、いかなる将来見通しに関する記述を更新たり、公に改訂する義務を負わないものとします。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.