2020年06月08日 16:00

株式会社アビスジャパン(当社関連会社)節水事業への取組みに関するお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マーチャント・バンカーズ株式会社持分法適用関連会社であります株式会社アビスジャパンは、2020年6月20日より、節水事業として、エコアクア株式会社(本店:東京都豊島区南長崎二丁目5番12号、代表取締役:糯田優子氏)の製造する節水装置の販売に、本格的に取り組んでまいります。
水の供給や処理に使われる電力により、多くの温室効果ガスが排出されますが、この節水事業により、少しでも水の供給や処理を減らすことにより、地球温暖化の抑制にも貢献いたします。



株式会社アビスジャパンは、2019年8月20日付で、エコアクア社が製造する節水装置の販売について、総販売代理店の契約を締結のうえ、これまでは、一部の取引先に導入頂きながら、実際の節水効果を確認するとともに、主に介護施設を中心とした需要状況を把握のうえ、今般、本格的に、病院や介護施設、ホテル、工場など、水を多用する施設へ、販売を展開いたします。

エコアクア社の開発した節水装置は、水道の蛇口先端に取り付けるもので、195度の扇型に通水口を切った「通水板」の上に、扇型の羽「制御盤」を組み合わせ、流量を24通りに切替え、浴室、厨房など、用途に応じて、流量を調整するもので、2008年3月に、特許を取得しており、また、株式会社アビスジャパンは、総販売代理店契約を締結しております。

販売方法は、買取やリースに加えて、節水事業で初のエスコ方式を導入いたします。
エスコ方式とは、1970年代後半のオイルショックを契機に、米国で始められたもので、顧客の光熱水費等の経費削減を行い、削減実績から対価を得るビジネス形態のことです。
事業者は、顧客の省エネのための設備投資を負担し、削減実績から回収のうえ、利益を確保しなければなりません。顧客に導入を提案しやすい反面、削減効果に対してリスクを負担しますが、削減効果が大きく、確実性の高い省エネ設備においては、顧客に販売するよりも、最初の削減効果に対して得られる利益を、その後継続して、固定で収受していくことにより、大きな利益を確保することができます。
エスコ方式で節水装置を導入するお客様は、初期費用ゼロにて、株式会社アビスジャパンと契約します。導入前の検針票による水道使用料金を基準として、導入後の検針票による水道使用料金に基づく削減額の6割を、6年間にわたり、エスコ費用としてお支払い頂きます。エスコ方式でお客様の初期費用をゼロにすることにより、導入を促してまいります。

現段階におきまして、当面の業績に与える影響は軽微であると考えておりますが、業績に重要な影響を与える事象が生じましたら、改めてご報告させて頂きます。

  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社アビスジャパン(カブシキガイシャアビスジャパン)
代表者
笹尾隆(ササオ タカシ)
所在地
〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-7-11 東カングランドマンション池袋キャッスル506
TEL
03-6206-8025
業種
住宅・家具・不動産・建築・土木
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://avis-japan.jp
IR情報
http://avis-japan.jp/infromation/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.