2020年06月09日 11:00

行ってはいけない避難所・・・地震時に揺れよりもコワいこと・・・! 新入社員Yさんの住まいの災害リスクを専門家が丸裸に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
度重なる地震、いまだ記憶に新しい去年の台風被害。

住まいへの防災意識が高まる中、業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を提供している “不動産の達人”株式会社さくら事務所(東京都渋谷区/社長:大西 倫加)では、より個々のケースに応じた具体的な防災対策を考えるための新サービス「災害リスクカルテ」を先月より開始しました。

「水害」「土砂災害」「地震時の揺れやすさ」「地盤の液状化」「大規模盛土など」「津波など」の5つの項目にわたり、それぞれのリスクと対策をホームインスペクター(住宅診断士)が解説します。

今回はその新サービスを、この春さくら事務所に入社してきたばかりのYさんが挑みました!

そこで発覚したYさん自宅の意外な災害リスクとは・・・?

何かあったら逃げようと思っていた最寄りの避難所、そのリスク!
浸水想定エリアに指定されていたYさん住まい周辺。浸水の可能性があれば最寄りの避難所Aに逃げようと思っていましたが、実はその避難所へのルートは、自宅より深い浸水が想定されていることが発覚。インスペクターのアドバイスで、台風や水害の際にはもう1か所の避難所Bに逃げるようアドバイスがありました。災害の種類に応じて逃げる必要があるのかないのか?を把握することは重要ですが、命を守るためにはその避難ルートの安全性も知っておく必要があります。

●新耐震なら地震でも安心?近隣の古い木造密集地域に、思わぬ危険の可能性が
築年数の浅いアパートのため、地震の際も命を守れる可能性は高いとのインスペクターの評価でしたが、実は地震時に気を付けるべき点が他にも。それは周辺家屋の倒壊や火災。先ほど、水害時にすすめられた避難所Bへの道には木造密集地域があります。火災や家屋倒壊で、避難所までのルートは移動や避難が困難なおそれがありますので、地震などの際には避難所Aをお勧めされました。

コンサルティングの全容はこちらから・・・https://www.sakurajimusyo.com/guide/25540/

【災害リスクカルテ(面談アドバイスつき)】サービス概要
開始日時   : 2020年5月26日(火)~    対応地域   : 全国
対象の方   : 戸建/マンション(新築・中古・リフォーム)にお住まいの方 または 購入予定の方
サービスの流れ :お申し込み時に住所をお知らせいただき、3日以内にレポートをメール送信。
レポート後、建物アドバイス(10分~15分)をさせていただきます。
料  金   : 9,800円(税抜・災害リスクカルテ+10~15分間の電話面談含む)※住所1箇所につき1案件
※現地確認した上でのレポートではありません。
※公開情報をもとに一般的な災害リスク傾向の情報を示すもので、リスクや災害発生の可否を担保・保証するものではありません。
くわしくはこちら・・・https://www.sakurajimusyo.com/expert/tochi-jiban-report.php
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社さくら事務所(カブシキガイシャサクラジムショ)
代表者
大西 倫加(オオニシ ノリカ)
所在地
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町29-24 桜丘リージェンシー101
TEL
03-6455-0011
業種
住宅・家具・不動産・建築・土木
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.sakurajimusyo.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.