2020年06月18日 15:00

日本モレックス、各種の業界コンソーシアムに認知された、複数プラットフォームで使用できるカードエッジ用「Sliver Edge-Cardコネクター」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年6月18日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は、各種の業界コンソーシアムに認知された、複数プラットフォームで使用可能なカードエッジ用「Sliver Edge-Cardコネクター」を本日発表しました。

モレックスのSliver Edge-Cardは、スモール・フォーム・ファクター委員会(SFF-TA-1002)、JEDEC、Open Compute Project(OCP 3.0)、Gen-Zコンソーシアムに認知された、0.60mmピッチの小型カードエッジ用コネクターです。PCIe Gen4-5のデータレートに適合し、最大56Gbpsのデータレート拡張可能なスケーラブルなソリューションです。

本製品は、まずストレート、ストラドルマウントタイプをカードエッジ用コネクターとしてリリースし、今後、ライトアングル、直交ダイレクトのタイプや、電線対基板用として拡張が可能となるケーブルアセンブリの開発も視野に入れた製品開発ロードマップをベースに順次市場投入を図っていきます。

Sliver Edge-Cardコネクターの主な特徴

・ 極数展開は56~280極、最大定格電流は1.1Aに対応

・ 各種の業界コンソーシアムに認知された、実績のある性能レベルを提供

・ メモリ/ストレージ、アクセサリカード、直交ダイレクトなどの各種構成に適合

本製品は、サーバー、シャーシ、インターポーザカードなどの電気通信/ネットワーキング、AR/VRなどのスマートフォン/デバイス、IoTデバイスなどのコネクテッドホームといった用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト http://www.japanese.molex.com/link/sliver.html をご覧下さい。


モレックスについて
モレックスは、未来の変革とより豊かな生活を実現させるテクノロジーを可能にすることでつながる世界を支えていく。世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、医療、インダストリアル、自動車、家電などの様々な市場に広範な接続システム、サービスおよび電子ソリューションを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
日本モレックス合同会社(ニホンモレックスゴウドウカイシャ)
代表者
李 在薰(リー・ゼフン)
所在地
〒242-8585
神奈川県大和市深見東1-5-4 
TEL
046-261-4500
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.japanese.molex.com/
公式ブログ
http://www.connector.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.