2020年06月16日 18:00

【世界特許】「cryptomall ou(クリプトモール)」は高級ブランド品や車のパーツなど様々なホンモノ証明に特化した「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」の世界特許を出願!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1. 世界特許取得について
(1) 概要

 2020年6月16日(火)”社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouは、ブロックチェーン技術とマイクロチップを融合した「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」の世界特許を出願。

 今後はこの技術を活用し「ウソ・偽りのない世界」を実現すべく邁進して参ります。



(2) 特許情報

◆ 発明の名称: ブロックチェーンを活用した鑑定証明システム

◆ 特許権者: cryptomall oü

◆ 発明者:cryptomall oü

◆ 出願番号:2020-103179

◆ 出願日:2020年6月15日




2.「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」について
(1) 技術開発の背景

 昨今、ネットショッピングで何でも買える時代。いつでもどこでもショッピングを楽しむことができ、便利である反面、購入した商品が実は「ニセモノ・パクリ商品」だったという事件が相次いでいます。

 現在、「ニセモノ・パクリ商品」は世界貿易額の2.5%を占め、その額なんと5兆ドル(約550兆円)と言われています。

出典: 「OECD(2016)」http://www.oecd.org/


 特に「ニセモノ・パクリ商品」の販売が頻繁に発生している中国国内ECサイト(電子商取引サイト)では、各社が大量の人、モノ、資金をつぎ込み、「ニセモノ・パクリ商品」の排除に努めていますが、未だ根絶には至っていません。

出典:「東方新報(2018/9/3)」https://www.afpbb.com/articles/-/3188241



(2) 「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」とは?

 「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」とは、同技術導入済み製品がホンモノであることをカンタンかつ、確実に証明できるシステムです。

 同技術を導入している製品の中には、マイクロチップが埋め込まれており、スマートフォンなどのデバイスをかざすだけで、ブロックチェーンプラットフォーム上に記録された製品情報や生産地、そしてお客さまの手元に届くまでの取引履歴が閲覧できます。

 また、ブロックチェーンプラットフォーム上の記録は、捏造、改ざん不可能。

 つまり、ブロックチェーン上の情報は、「ウソ・偽り」がないため、手元に届いた製品がホンモノであるという歴然たる証明となるのです。



(3) 「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」の4つの特徴

◆ その1 改ざん不可能なブロックチェーン技術の採用

 ブロックチェーンの持つ3つの特性(「追尾可能性」・「耐改ざん性」・「透明性」)により、ブロックチェーン上に記録された情報は捏造、改ざん不可能。

 つまり、ブロックチェーン上に記載された製品情報や生産地、そして取引履歴は正真正銘ホンモノの情報であることが証明できるのです。


◆ その2 どんな製品にも組み込めるマイクロチップ

 マイクロチップのサイズは視認できる大きなものから、繊維ほどしかない超極小のものまでさまざま。ですから、どんな製品にも組み込むことができます。

 つまり、製品の形状を選ばず同技術を導入できるのです。


◆ その3 個人情報を守る「マルチシグ認証」

 「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」は「マルチシグ認証」を採用。

 「マルチシグ認証」とは、2つ以上のマイクロチップを読み込むことで、初めて製品情報や取引履歴を閲覧できるという機能です。

 例えば高級ブランド品であれば、製品そのものと、付属しているギャランティカード両方のマイクロチップを読み込むことで、「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」にアクセスすることができます。

 つまり、個人情報保護と、ホンモノ証明の両方を兼ね備えているのです。


◆ その4 盗難を抑止するGPS機能

 マイクロチップにはGPS機能の導入が可能。

 例えば、同技術を導入した自動車メーカーの車体は、GPS機能が搭載されているため、盗難された車体が今どこにあるか一目瞭然です。

 つまり、盗難のリスクを抑止する効果も見込め、消費者を守ることもできるのです



(4) 製造元のメリット

 「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」のメリットは消費者だけのものではありません。

 同技術を導入した製品は、簡便かつ確実なホンモノ証明を行えることから、「ニセモノ・パクリ商品」の製造を抑制することができます。

 なぜなら、「ニセモノ・パクリ商品」製造業者の視点から見れば、同技術を導入した製品を本物と見分けがつかないほど精巧に作っても、スマートフォンをかざせば「ニセモノ・パクリ商品」と判明してしまうため、模造品の製造を断念します。

 つまり、自社製品のブランド価値を守ることができるのです。




3.  社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」について
「cryptomall(クリプトモール)」は、以下3つの事業を行っております。


(1) ホンモノしか販売されない・販売できないショッピングモール事業

 「cryptomall(クリプトモール)」とは、100万点以上もの商品を取り扱う「”社会貢献型” 暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール」です。

 ブロックチェーン技術を活用し、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築中です。

↓↓社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」はコチラから↓↓
https://crypto-mall.org



(2)  エストニアの地の利を生かしたマイニング事業
 
 「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」とは、「ビットコイン(BTC)」を始めとする暗号資産(仮想通貨)マイニングを行う事業のこと。特に、高収益率のインカムゲイン・キャピタルゲインが得られやすいよう、適宜「半減期」などのファンダメタルを重要視したマイニングを実践しています。

 また、「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」は、世界初となるマイニングで発熱した熱量を電力会社へ販売するシステムの搭載に成功し、稼働させて参ります。

 さらに、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン業界に精通したcryptomall ouは、長年培ったノウハウ、エストニア共和国の気候、その他地域特性を活かし、利益率の高い唯一無二のマイニング事業を展開して参ります。



(3) すべての事業を有機的に機能させるための暗号資産(仮想通貨)取引所事業

 「cryptomall exchange(クリプトモール エクスチェンジ)」とは、ユーロへの変換ができる唯一無二の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

 同取引所では、「クリプトモールトークン(XMALL)」「クリプトモールステーブルトークン(SMALL)」といった「cryptomall(クリプトモール)」が発行している暗号資産(仮想通貨)の取引を、安価に行うことができます。

 さらに、「クリプトモールトークン(XMALL)」を保有していることによって、マイニング報酬が得られるなどのさまざまな特典を用意。

 cryptomall ouが運営する事業同士のシナジー効果により、ユーザーさまにご満足いただけるサービスをご提供して参ります。







◇◇━━━━━━━━━━━◇◇

◆1.  ご案内

(1) 「cryptomall(クリプトモール)」の2つの特徴

・ その1
本物しか販売されていないショッピングモールという、大手に負けないブロックチェーンプラットフォーム

↓↓「cryptomall(クリプトモール)」の鑑定証明動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=NGWsSmLPYIo


・ その2
他の暗号資産と提携可能という無限の可能性

↓↓「cryptomall(クリプトモール)」の紹介動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=xk45HoCBUVw&feature=youtu.be



(2) 中国のニセモノ・パクリ問題

・ 問題点
「ニセモノ・パクリ商品」が氾濫しており、安心してネットショッピングができない。


・ 解決策
改ざんが一切できないブロックチェーンプラットフォームを開発することで、「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅することができる。

↓↓中国のECサイトについての動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=CjxvfAaa-js&t=11s



(3)  過去の配信コンテンツ

↓↓プレスリリースなどのコンテンツはコチラから↓↓
https://admin.crypto-mall.org/archives

※ ダッシュボードへのログインが必要です。




◆2.  お問い合わせ

・ お問い合わせフォーム
https://crypto-mall.org/contact


・ メールでのお問い合わせ
support@crypto-mall.org


・ 運営サイト
cryptomall(クリプトモール)
https://crypto-mall.org/
http://ieo.crypto-mall.org/


・ 「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」の導入をお考えの企業さまへ


「ブロックチェーン×マイクロチップ鑑定証明プラットフォーム」について詳しく知りたい、導入を検討したい方は、下記までお問い合わせくださいませ。

support@crypto-mall.org

◇◇━━━━━━━━━━━◇◇
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
cryptomall ou(クリプトモール)
代表者
Toomas Keres Kass(トーマス ケレス カス)
所在地
〒10-152
Harju maakond ,Tallinn,Kesklinna linnaosa, Narva mnt 50 
TEL
000-0000-0000
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
会社HP
https://crypto-mall.org/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.