2020年06月19日 18:00

サイバー攻撃から重要データを護る! データ保全システムを6月19日から販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データマネジメント支援を通じて組織の業務効率化を支援する株式会社ボウラインマネジメント(本社:東京都中央区、代表取締役:野村貴彦、以下、「 弊社 」)は、データ保全システムを2020年6月19日リリースいたしました。

【データ保全システムの概要】
このシステムは、2019年9月に企業向けにリリースしたデータ保全サービス『Amberlt』(アンバルト)の基本機能をもとに、企業や各省庁、自治体などが自前で大量データを運用いただけるようにシステム化したものです。

システムの特徴
・磁気テープを使って、大量データの長期保管を手軽に実現
・オフライン保管により、サイバー攻撃、システム障害などからデータを保護
・WORM方式の磁気テープを使用することで、改ざんを防止
・社内各部門やリモートワーク中でも、データの検索・取り出しが可能
・マルチテナント、課金機能など全社・グループでの共用利用も可能
・JIS Z6019(磁気テープによるデジタルデータの長期保存方法)に準拠

なお、本システムを導入いただく前に、お試しシステムの貸し出し(有料)も行っています。


(本システムを使ったサービス構築例)

データ保全システム提供の経緯

データ保全サービスAmberltは、当社の堅牢なアーカイブセンター内の保管庫でデータをお預かりするサービスです。それにより、利用頻度は低いものの、組織が絶対に守りたいデータを月額1万円程度からの安価でサービスを提供できています。
しかしながら、今年に入り、新型コロナウイルスの影響も含めて、サイバー攻撃に対する不安などから、公的機関や大企業の方々からも、「どうしてもオフライン保管がしたい」、「しかしながら外部には持ち出せない」、といったお話しをいただくケースがでてきました。
それを受けて、当社は、SaaS型オフライン保管を支えるシステムを自前で保管するためのシステムとして改修し、提供することに決めたものです。



【会社概要】
会社名:株式会社ボウラインマネジメント Bowline Management Inc.
代表取締役:野村貴彦
所在地:東京都中央区日本橋人形町 3-12-10
設立:2017 年 9 月 1 日 ※防災の日
資本金:48,500,000 円
事業内容:企業・団体における業務効率化サポート
所属団体:(公社)日本文書情報マネジメント協会・データ保全推進研究会
サービスページ:https://amberlt.com
コーポレートサイト:https://www.bow-m.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社ボウラインマネジメント(ボウラインマネジメント)
代表者
野村 貴彦(ノムラ ヨシヒコ)
所在地
〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-12-10 
TEL
03-4455-4009
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.bow-m.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.