2020年06月26日 14:00

日本モレックス、80Aの高電流に対応した基板対基板コネクターシステム「EXTreme Guardian HDパワーコネクター」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年6月26日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は、80Aの高電流に対応した基板対基板コネクターシステム「EXTreme Guardian HDパワーコネクター」を本日発表しました。

EXTreme Guardian HDパワーコネクターは水平嵌合時の高さが12.70mmの低背設計で、1ブレードベイあたり最大80.0Aの高電流密度を実現する基板対基板コネクターシステムです。本製品はパワーおよびシグナルに対応するハイブリッドコネクターで、少ないスペースでより多くの電力と電流を伝送することができ、設計の柔軟性を提供します。

EXTreme Guardian HDパワーコネクターは、プラグはライトアングルタイプ(214113)、リセプタクルはライトアングルタイプ(214115)とストレートタイプ(214114)から構成されており、水平対水平および水平対垂直の嵌合組み合わせが可能です。本コネクターは、最大125Vに対応する冗長接点設計が採用されており、ACおよびDCの高電圧アプリケーションをサポートします。また125°Cの高温電力接点定格によって、広い温度範囲で利用できます。

EXTreme Guardian HDパワーコネクターの主な特徴

・ 1ブレードベイあたり最大80.0A対応の高電流コンタクト構造

・ 12.70mmの低背設計(水平嵌合時)によって冷却システムの通気性を良くし機器内の放熱性を向上

・ 両サイドに設けた嵌合誘い込みガイドによるスムーズな嵌合で、作業性の向上に寄与

・ PCBペグによって正確なスルーホールの位置決めおよび安全な基板仮保持を実現

・ 金メッキの接点によってインターフェース抵抗を低減

本コネクターは、ルーター、スイッチ、1Uラックボックス、バックプレーン、電源装置、サーバーなどの電気通信/ネットワーキング機器、ハイエンドサーバー、ワークステーションなどのデータ/コンピューティング機器、産業用制御などの産業機器といった用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイトhttp://www.japanese.molex.com/link/extremeguardian.html をご覧下さい。


モレックスについて
モレックスは、未来の変革とより豊かな生活を実現させるテクノロジーを可能にすることでつながる世界を支えていく。世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、医療、インダストリアル、自動車、家電などの様々な市場に広範な接続システム、サービスおよび電子ソリューションを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
日本モレックス合同会社(ニホンモレックスゴウドウカイシャ)
代表者
李 在薰(リー・ゼフン)
所在地
〒242-8585
神奈川県大和市深見東1-5-4 
TEL
046-261-4500
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.japanese.molex.com/
公式ブログ
http://www.connector.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.