2020年06月29日 13:00

ジンコソーラー、チリ初の産業用ハイブリッド型メガソーラー に60.9MWの両面発電モジュールを供給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年6月22日、日本初の年間出荷量がGWを超えた太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、チリ初の産業用ハイブリッド型メガソーラーに60.9MWの両面発電モジュールを提供すると発表した。同発電所はアントファガスタ州カラマ市外でおよそ10キロメートルに位置し、発電設備容量60.9 MWの太陽光発電所と90 MWの風力発電所を併設したハイブリッド型発電所である。

約15万4710枚のジンコソーラー両面発電モジュールを採用する同発電所は、2021年初に完成するという、年間発電量は約184MWhを見込む。

ジンコソーラーのラテンアメリカ地域ゼネラルマネージャー・Cuterは「同発電所はラテンアメリカ初の、ジンコソーラーの透明バックシート両面発電モジュールを取り付ける発電所です。チリはラテンアメリカのメガソーラーの最大市場で、ジンコソーラーは現地で高品質モジュールを広めて、ラテンアメリカの再生可能エネルギー事業をサポートしています。ジンコソーラーの両面発電モジュールは従来のモジュールに比べて太陽光発電の「LCOE(均等化発電原価)」を大幅に低減しました。今後数ヶ月間、ジンコソーラーはチリで、より多くの両面発電モジュールを販売する予定です。」と語った。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが11.5GW、太陽電池が10.6GW、太陽光発電モジュールが16GWに達している。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用しております。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Jinko Solar株式会社(ジンコソーラーカブシキガイシャ)
代表者
李 仙德(リー セントク)
所在地
〒200120
上海 浦東新区世紀大道1777号 イーストホープビル、12階、E室
TEL
86-793-8588188
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
http://www.jinkosolar.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.