2020年07月02日 09:00

世界各国から総勢123チームがカジキ釣りの聖地・ロスカボスへ集結。フィッシングトーナメントの幕が上がった! 『BISBEE'S 賞金総額世界一フッシングトーナメント』2020年7月2日発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『BISBEE'S 賞金総額世界一フッシングトーナメント』(チーム鈴鹿 著)を2020年7月2日に発売いたしました。
――――――――――――――――――――――――――

3日間で賞金4億円――ジャックポットの行方は?

「BISBEE'S」――釣りの聖地メキシコ・ロスカボスで1年に1度行われる、
世界で最も有名なカジキ釣りトーナメント。毎年100艇を超える船が出艇し、カジキ釣りの猛者たちが腕を競う。参加費は1艇あたり約200万円。
優勝賞金は4億円だが、負ければ1円も戻ってこない。まさにのるか、そるか。
そんな世紀のビッグゲームに賭けた7人の日本人たちがいた。ジャックポットに賭けた彼らの行方は――。

【書籍情報】
書 名:『BISBEE'S 賞金総額世界一フッシングトーナメント』
著 者:チーム鈴鹿(チームスズカ)
発売日:2020年7月2日
定 価:1,500円(税抜)
体 裁:四六版・並製/198ページ
ISBN :978-4-344-92862-6

【目次】
はじめに
第1章 賞金4億円! 世界最高峰のフィッシングトーナメント「Bisbee’s 」
第2章 ジャックポットを狙え! 7人の日本人挑戦者たち
第3章 潮目を読み、最高のヒットポイントを見つけ出せ ~大会前半戦~
第4章 立ちはだかる強豪たち 操船、ルアー、仕掛け……一つの選択が勝敗を分ける ~大会後半戦~
第5章 再び、世界の頂を目指して 終わらぬジャックポットの夢
おわりに

【著者プロフィール】
チーム鈴鹿(チームスズカ)
谷田育生、水沼伸光、磯貝 哲、内藤伸二、野村佳子、文田幹根、谷 健太郎。伊勢湾・マリーナ河芸に集った7人で構成された、カジキ釣りのチーム。釣りのキャリアが長く、カジキ釣りの経験豊富なベテランから若手までが揃い、大海原に潜むカジキを追う。世界一のフィッシングトーナメント「ビズビーズ」で、日本人初となる表彰台を狙う。
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(ゲントウシャメディアコンサルティング)
代表者
久保田 貴幸(クボタ タカユキ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7 
TEL
03-5411-6440
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gentosha-mc.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.