2020年07月03日 10:00

出版業界情報メディア「日販通信note」を開設 創刊70年の『日販通信』を機能拡充 記事単位での購読も可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本出版販売株式会社(代表取締役社長:奥村 景二、略称:日販)は、7月3日(金)、Webプラットフォーム「note」にて、出版業界情報メディア「日販通信note」を開設しました。「日販通信note」では、広報誌『日販通信』のメインコンテンツを記事単位で順次提供するとともに、出版業界および周辺領域のニュースをキュレーションしてお届けしてまいります。

●URL:https://note.com/nippan_tsushin

 元来、日販は、書店向け広報誌として『日販速報』(週刊)・『日販通信』(今年5月より隔月刊)を発行してまいりました。そのうち『日販通信』では、1950年5月の創刊以来、書店経営・店舗運営のノウハウを中心に、売り場づくりのご提案など幅広い情報をお届けしてきました。
 しかし、制作時点と発行時点とのタイムラグにより、掲載情報が古くなってしまうという課題がありました。一方、長期保存・アーカイブ性にすぐれた紙媒体の特性も、重要なものとして捉えており、発行は継続するという判断をいたしました。

 このたび開設した「日販通信note」では、日々の書店経営・店舗運営に必要なさまざまな情報を、幅広く、タイムリーに届けることに注力してまいります。また、この開設によって、紙媒体の年間購読に加えて、かねてより要望の多かった「単号での購読」「特定コーナーの個別購読」も可能になります。
 一方の『日販通信』では、出版業界におけるビビッドな課題にテーマを絞り、さまざまな見地からの掘り下げと提案に注力してまいります。
 これによって、質・量ともに充実した、読者にとってさらに有益な情報発信源となることを目指します。

 『日販通信』および「日販通信note」は、日販との取引の有無にかかわらず、個人のお客様も含め、どなたでも購読可能です。ぜひこの機会に、日々の情報収集にお役立てください。

◆「日販通信note」概要
・URL:https://note.com/nippan_tsushin
※購読料金は記事により異なります。詳細は上記ページにてご確認ください。

◆『日販通信』概要
奇数月5日発行/体裁:A5判・約50ページ/発行部数=5,000部/頒価:本体638円

◆『日販通信』7月号 掲載内容(7月3日発売)
・特集:コロナの時代を生きる 業界3者の対応からニューノーマルを探る
    ―書店はいかにコロナと闘ったのか
    ―出版各社の対応と刊行継続への取り組み
    ―日販はその時、どう動いたか
・新店舗紹介:TSUTAYA BOOKSTORE HIRORO(青森県弘前市)
・シリーズ
 今月の上昇気流:サンクチュアリ出版
 『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』
 わが店のイチオシ本:マザー・ブックス
 作家エッセイ「書店との出合い」:月村了衛
 雑誌編集長コラム「編集長雑記」:公募ガイド社「公募ガイド」

■本件に関するお問い合わせ
日本出版販売株式会社 ほんのひきだし編集部(マーケティング部MD課内)
TEL.03-3233-4788
E-mail: hon-hikidashi@nippan.co.jp
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
日本出版販売株式会社(ニホンシュッパンハンバイカブシキガイシャ)
代表者
奥村 景二(オクムラ ケイジ)
所在地
〒101-8710
東京都千代田区神田駿河台4-3 
TEL
03-3233-3829
業種
商社
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.nippan.co.jp
IR情報
http://www.nippan.co.jp/nippan/ir.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.