2020年07月27日 16:00

ついに正式版が登場へ!ゲーム開発にAIを活用しよう『Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング v1.1対応版』刊行のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング v1.1対応版』を全国の書店を通じて刊行します。

【概要】
書籍名:Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング v1.1対応版
刊行予定日:2020年8月上旬
著者:布留川 英一
定価:3,600円+税
ISBN:978-4-86246-482-8
サイズ:B5変形判
ページ数:368ページ、オールカラー
発行:株式会社ボーンデジタル
【書籍内容紹介】
「Unity ML-Agents」は、2017年秋にv0.1として登場以降、順調にバージョンアップを重ね、2020年5月についに正式版となりました。今後は、Unityの中核機能の1つになると予想されています。

本書は、2018年7月に刊行した前書(v0.4に対応)を、正式版に合わせて全面的に改訂したものです。
Unity ML-Agentsは、多くのAIプログラミングで必須となる「Python」のコーディングを必要とせず、Unity ML-Agentsの仕組みに沿って、通常のゲーム開発同様にC#によるコーディングで完結できることが大きな特徴です。

本書では、これからゲームAIについて学びたい方から読んでいただけるように、機械学習の基礎から学習環境の構築、付属サンプルによるさまざまな学習方法の解説などを、ステップ・バイ・ステップで実践的に習得できるように構成しています。

また、実際の開発現場でゲームAIを活用するためのサンプルとして、Unityが無償で公開しているゲームを使って、「テストの自動化」「ゲームバランスの調整」「より自然な振る舞いを行うNPC」「人間の代わりとなる対戦相手」をAIとして実装したサンプル事例も紹介しています。

本書は、基礎から実践まで網羅しており、これからゲームAIにチャレンジしたい方にお勧めしたい1冊です。

※PDF版も同時発売いたします。価格は紙版と同じ3,600円+税です。

【著者について】
布留川 英一(ふるかわ ひでかず)
1975年生まれ。群馬県出身。会津大学コンピュータ理工学部コンピュータソフトウェア学科卒。
1999年、「JAVA PRESS」(技術評論社)にて、携帯アプリの開発方法の連載を開始。2001年、株式会社ドワンゴにて、世界初のJava搭載携帯電話「503i」のローンチタイトル「サムライロマネスク」の開発に携わる。以後、携帯電話・スマートフォン・ロボットなど新ハードの新機能を活用したアプリを作りつつ、技術書を書き続け、20年で40冊ほど。現在はギリア株式会社にて、ヒトとAIの共生環境の実現を目指して、人工知能の研究開発に取り込んでいる。
主な著書は「OpenAI Gym/Baselines 深層学習・強化学習 人工知能プログラミング実践入門」(ボーンデジタル/2020年刊)「AlphaZero深層学習・強化学習・探索 人工知能プログラミング実践入門」「iPhone/Androidアプリ開発者のための機械学習・深層学習 実践入門」(ボーンデジタル/2019年刊)、「Unityではじめる機械学習・強化学習 Unity ML-Agents 実践ゲームプログラミング」(ボーンデジタル/2018年刊)、「Unityゲーム プログラミング・バイブル」(共著、ボーンデジタル/2018年刊)など。

【目次】
1章 機械学習とUnity ML-Agentsの概要
1-1 人工知能と機械学習
1-2 教師あり学習と教師なし学習と強化学習
1-3 強化学習
1-4 強化学習の学習アルゴリズム
1-5 Unity ML-Agentsの概要
1-6 Unity ML-Agentsの学習シナリオ

2章 はじめての学習環境の作成
2-1 開発環境の準備
2-2 プロジェクトの準備
2-3 はじめての学習環境の作成
2-4 学習と推論
2-5 学習の高速化

3章 Unity ML-Agentsの基礎
3-1 状態と観察
3-2 行動
3-3 報酬とエピソード完了
3-4 決定
3-5 訓練設定ファイル
3-6 mlagents-learn
3-7 TensorBoard

4章 さまざまな学習方法
4-1 SAC
4-2 Discrete
4-3 Visual Observation
4-4 Raycast Observation
4-5 セルフプレイ
4-6 Curiosity
4-7 模倣学習
4-8 LSTM(Long Short-Term Memory)
4-9 カリキュラム学習
4-10 環境パラメータのランダム化
4-11 Observable属性

5章 サンプルの学習環境
5-1 サンプル学習環境の準備
5-2 FoodCollector(Observation)
5-3 GridWorld(Visual Observation)
5-4 PushBlock(Raycast Observation)
5-5 Tennis(セルフプレイ(1))
5-6 Soccer(セルフプレイ(2))
5-7 Pyramids(Curiosity・模倣学習)
5-8 Hallway(LSTM)
5-9 WallJump(カリキュラム学習)
5-10 3DBall(環境パラメータのランダム化)
5-11 Bouncer(RequestDecision)
5-12 Reacher(多関節の学習(1))
5-13 Worm(多関節の学習(2))
5-14 Crawler(多関節の学習(3))
5-15 Walker(多関節の学習(4))
5-16 Basic(カスタムセンサーコンポーネント)

6章 ゲーム開発における強化学習の活用
6-1 ゲーム開発での強化学習エージェントの活用
6-2 Flappy Bird Style-テストの自動化
6-3 3D Game Kit Lite-コンテンツのバランス調整のサポート
6-4 Puppo, The Corgi-より自然な振る舞いを行うNPC
6-5 Karting Microgame-人間の代わりとなる対戦相手
6-6 Unity Analyticsによるエージェントの行動解析

7章 Python APIを使った学習環境の構築
7-1 Python APIを使った学習
7-2 Gymラッパー
7-3 Python Low Level API
7-4 サイドチャネル
7-5 カスタムサイドチャネル

書籍紹介ページ URL:
https://www.borndigital.co.jp/book/19053.html
https://www.borndigital.co.jp/book/19067.html(PDF版)

Amazon URL:
https://www.amazon.co.jp/dp/4862464823

------
【本件に関するお問い合わせはこちら】
会社名:株式会社ボーンデジタル
http://www.borndigital.co.jp/
担当者:野村 享広
TEL : 03-5215-8664
FAX : 03-5215-8667
E-mail:yukihiro-n@borndigital.jp
------
  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

  • 表紙
  • 中面01
  • 中面02
  • 中面03
  • 中面04
  • 中面05
  • 中面06
  • 中面07

会社概要

商号
株式会社ボーンデジタル(カブシキガイシャボーンデジタル)
代表者
村上 徹(ムラカミ トオル)
所在地
〒102-0074
東京都千代田区九段南1-5-5 Daiwa九段ビル
TEL
03-5215-8671
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.borndigital.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.