2020年08月03日 15:00

羽田ーローマ新規就航9月に延期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウィルス感染症の影響で、3月末より延期されていた羽田―ローマ線の初便を、8月に新規就航と発表しておりましたが、各国の水際対策の状況に応じ、イタリア発9月3日、日本発折り返し便を9月5日から就航に延期することになりました。

便名     区間     出発時間  到着時間       機材     運航日  運航開始
AZ792  ローマー羽田   16:10   11:35(到着翌朝) A330-200  月木土   9/3~
AZ793  羽田―ローマ   13:35   19:35(到着同日) A330-200  月水土   9/5~

ご搭乗手続き:
羽田空港  第3ターミナル
ローマ・フィウミチーノ空港  ターミナル3(当面の間、従来のターミナル1から変更しています。)

成田―ローマ、成田―ミラノ線も順次再開を検討しております。

当面の間、週3便の運航で、機内でのソーシャル・ディスタンスを守るため、お客様の人数が制限されます。
航空機は殺菌効果の強い消毒液で毎日消毒されており、機内の空気はHEPAエアフィルター(*注1)と垂直循環の空調により、99.7%新鮮な空気をキープすることができ、殺菌された手術室と同じようにきれいです。

日本でもイタリアでも、空港内、搭乗時と機内でのフェイス・マスクの着用と4時間ごとのマスク交換が義務付けられています。搭乗手続き、ゲートでの搭乗、降機、荷物の受け取り等の際には、最低1m間隔のソーシャル・ディスタンスが必要です。空港では体温測定が義務付けられ、37.5°Cを超える場合には、旅行の停止、または医師の診断書の提出が求められます。体温測定は、サーモスキャナーを使用し、イタリア国内の最終目的地の空港でも実施されています。
空港のVIPラウンジはしばらくの間、ご利用いただけません。

また、イタリアに入国するためには、搭乗時、到着時パスポート・セキュリティーチェックの際に、連絡先情報、健康状態や濃厚接触等に関する自己申告書の提出が必要です。事前にホームページよりフォームをダウンロードしてすべてご記入いただきます。https://www.alitalia.com/content/dam/alitalia/files/IT/volare/news_rubriche/news/Autodichiarazione_Rientro_da_Estero_ITA_15giugno2020.pdf

尚、今後の運航変更、最新情報は、ホームページwww.alitalia.com、コールセンター03-4589-4629
にて順次ご案内いたします。(*注2)

プレスリリースのお問合せ先: アリタリア-イタリア航空 本社広報室 Email. media@alitalia.com

注1*HEPAエアフィルター:HEPA: High Efficiency Particulate Air Filterが略されたもので、『定格風量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率を有しており、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルター』

注2*2020年9月-10月に運航予定のアリタリア路線(ABC順)
ローマ・フィウミチーノ空港
イタリア国内: アルゲーロ Alghero、バーリ Bari、ブリンディシ Brindisi、ボローニャ Bologna、 カリアリ Cagliari、 カターニア Catania、フィレンツェ Firenze、 ジェノヴァ Genoa、ラメツィア・テルメ Lamezia Terme、ランペデューサ島 Lampedusa、ミラノ・マルペンサ Milan Malpensa、 ミラノ・リナーテ Milan Linate、ナポリ Napoli、オルビア Olbia、パレルモ Palermo、パンテッレリア島 Pantelleria、レッジョ・カラブリア Reggio Calabria、トリノ Torino、ベニス Venezia、ヴェローナ Verona
ヨーロッパ: アルジェ Algiers、アムステルダム Amsterdam、アテネ Athens、バルセロナ Barcelona、ブリュッセル Brussels、カイロ Cairo、フランクフルト Frankfurt、ジュネーブ Geneva、イスタンブール Istanbul、ロンドン London、マドリード Madrid、マラガ Malaga、マルタ島 Malta、マルセイユ Marseille、ミュンヘン Munich、ニース Nice、パリ・シャルルドゴール Paris、テルアビブ Tel Aviv、ティラナ Tirana、チュニス Tunis、チューリッヒ Zurich
長距離路線: 東京・羽田 Tokyo Haneda、ニューヨーク・JFK New York JFK、ボストン Boston、 ブエノスアイレス Buenos Aires (ブラジルへは11月以降を予定)

ミラノ・リナーテ空港
イタリア国内: アルゲーロ Alghero、バーリ Bari、 ブリンディシ Brindisi、カリアリ Cagliari、 カターニア Catania、ラメツィア・テルメ Lamezia Terme、ランペデューサ島 Lampedusa、ナポリ Napoli、オルビア Olbia、パレルモ Palermo、パンテッレリア島 Pantelleria、レッジョ・カラブリア Reggio Calabria、ローマ・フィウミチーノ空港 Rome Fiumicino
ヨーロッパ: アムステルダム Amsterdam、ブリュッセル Brussels、デュッセルドルフ Dusseldorf(10月~)、ロンドン London、パリ・シャルルドゴール・オルリー Paris

ミラノ・マルペンサ空港
イタリア国内: ローマ・フィウミチーノ空港 Rome Fiumicino
長距離路線: ニューヨーク・JFK New York JFK
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

アリタリアーイタリア航空
商号
アリタリアーイタリア航空(アリタリアーイタリアコウクウ)
代表者
Massimo ALLEGRI(マッシモ アッレグリ)
所在地
〒107-0051
東京都港区元赤坂1-7-18 KIZUNA EAST 3F
TEL
03-4589-4629
業種
運輸・交通・物流・倉庫
上場先
その他
従業員数
5000名以上
会社HP
https://www.alitalia.com
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.