2020年08月18日 11:00

【FRONTIER】インテル第10世代Coreプロセッサー搭載 拡張性と排熱性に優れたマイクロタワー型デスクトップパソコン≪GXシリーズ≫を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BTOパソコンの販売を行うインバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2020年8月18日(火)より、拡張性、排熱性に優れた≪GXシリーズ≫にインテル第10世代Coreプロセッサーを搭載したデスクトップパソコンの販売を開始しています。

■製品の概要
このたび販売を開始する製品は、拡張性と排熱性に優れたシンプルデザインのマイクロタワー≪GXシリーズ≫より、チップセットにインテル B460を備え、CPUにはインテル第10世代Coreプロセッサーを搭載したデスクトップパソコンです。CPUやグラフィックスカード、ストレージが異なるモデルを3機種ご用意しました。BTOによるカスタマイズでメモリ、 ストレージ、 Officeソフトなどをお好みに合わせて自由にお選びいただけます。ご予算や用途に合わせて、ぜひお好みの1台をお選びください。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2020年8月18日(火)より販売を開始しています。

▼インテル第10世代Coreプロセッサー搭載≪GXシリーズ≫はこちら
https://www.frontier-direct.jp/direct/c/cGX-B460/?adid=pre&mn=g2020081801&argument=3TgXVMFw&dmai=PR-2008180101
■製品の特長
<前面メッシュでエアフローに優れたシンプルデザイン>
GXシリーズは、コンパクトながらNVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERなどの大型グラフィックスカードの搭載が可能などの高い拡張性に優れたマイクロタワーです。高速なNVMe SSDが搭載できるため高解像度動画編集もスムーズです。前面のメッシュ構造と背面のファンでエアフローに優れています。

<インテル第10世代 Core プロセッサー・ファミリー搭載>
インテル第10世代Coreプロセッサーは14nmプロセスで製造された開発コードネーム「Comet Lake-S」と呼ばれているプロセッサーで、ソケットはLGA1200となります。10コア20スレッドのCore i9-10900までのCPUが搭載可能です。

<ECS製 B460H6-M22マザーボード採用>
コストパフォーマンスに優れ実績のあるECS製『B460H6-M22』を採用しました。メモリは最大64GB(32GB x2)の搭載が可能です。映像出力はHDMI、DVI-D、D-Subを装備し、オンボードグラフィックス(※)使用時には最大3画面の同時出力が可能です。インターフェースにはUSB Type-A 3.2(3.1/3.0) Gen1 (Max 5Gbps)を4つ、USB2.0を2つ装備し多彩な周辺機器の接続にも充分に対応出来ます。PCI Express 3.0 x4に対応したM.2スロットには高速ストレージのNVMe SSDを取り付けることが可能です。
※グラフィックスカード搭載時にはマザーボード上の映像出力端子は使用できません。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
インバースネット株式会社(インバースネットカブシキガイシャ)
代表者
山本 慶次郎(ヤマモト ケイジロウ)
所在地
〒221-0031
神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8F
TEL
045-451-2411
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
未上場
会社HP
http://www.inversenet.co.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.