2020年09月17日 10:00

認識精度向上を実現したCloud OCR API 「免許証OCR」アップグレードの提供開始 ~記載項目のOCR処理結果に対する論理チェックを強化~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社NTTデータNJK(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川 勝雅)は、国内で幅広く展開しているOCR※1製品の自社ブランド「メディアドライブ」において、運転免許証のさらなる認識精度向上を実現したCloud OCR API※2 「免許証OCR」のアップデートの提供を9月15日より開始します。

「Cloud OCR API」は当社が提供するクラウド型OCRプラットフォームサービスの総称であり、AI技術とOCR技術によって画像をテキスト化するサービスです。
Cloud OCR API 「免許証OCR」は運転免許証の氏名、生年月日、本籍、住所、交付日、有効期限、免許証番号をOCR処理するためのシステム開発者向け運転免許証専用高精度クラウドOCRです。

2020年4月に施行された改正犯罪収益移転防止法により、スマートフォンやパソコンで利用される本人確認方法がこれまで以上に厳格化され、運転免許証の記載項目のチェックについてもより一層の強化が求められるものと思われます。

本アップデートでは、運転免許証の表面・裏面を高精度にOCR処理したうえで、表面の記載項目ごとの論理チェック、複数の記載項目にまたがる論理チェックなど、新たに21種類の論理チェック機能を追加することで自動認識の精度が大幅に向上しています。
各種カード発行業務、会員情報登録業務、店舗での受付業務など、運転免許証を本人確認に用いるさまざまなソリューションに最適なサービスです。※3

※1 OCR:Optical Character Recognition、光学文字認識
※2 API:Application Programming Interface、本OCRシステムを利用するための接続インターフェース
※3 本アップデートはご契約者の皆様に提供され、追加費用は発生しません。

■新機能
1. 論理チェック機能の強化
免許証番号をはじめ、運転免許証に記載されている各項目をOCR 処理した結果に対して、新たに21種類の論理チェック機能を追加しました。

<新たに追加された21種類の論理チェック機能>
https://mediadrive.jp/products/cloudocrapi/21check.html
2. 旧姓への対応機能
氏名欄に記載された旧姓を自動認識し、【氏名】と【旧姓】の項目にそれぞれ出力できます。
3. 裏面への対応機能
AIを活用して運転免許証の画像から裏面を切り出し、備考欄の記載の有無を判別できます。
■利用シーン
○銀行口座の開設・カード発行
個人情報の入力作業と本人確認書類の取得をOCR処理することで、口座の開設や各種カードを発行する際に要する手続きの時間を大幅に短縮できます。

○会員情報登録
会員の本人確認書類の取得をOCR処理することで、迅速に本人の個人情報を登録できます。これにより、手入力による作業が簡略化され、コストの削減が図れます。

○レンタル・リース店舗受付
本人確認書類の取得をお客さまの面前でOCR処理することで、不要なコピー(紙)が取られずお客さまに安心感を与えます。

■認識対象
新型運転免許証(準中型運転免許)に対応

■提供開始日
2020年9月15日

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社NTTデータNJK
○ニュースリリースについて
企画部
TEL: 03-5117-1900 E-mail:pr-gr@njk.co.jp

○製品について
メディアドライブ事業部 営業部
TEL:03-5541-9655 FAX:03-5541-9651

※記載された会社名・商品名は商標または登録商標です。
※記載された内容は予告なく変更することがありますので予めご了承ください。
※記載された内容は2020年9月現在のものです。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社NTTデータNJK
商号
株式会社NTTデータNJK(カブシキガイシャエヌティティデータエヌジェーケー)
代表者
石川 勝雅(イシカワ カツマサ)
所在地
〒104-0041
東京都中央区新富2-3-4 NJKビル
TEL
03-5117-1900
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
https://www.njk.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.