2020年09月16日 17:00

廃棄物からエネルギーへの市場-テクノロジー別(熱、生物学など)-グローバルな業界の洞察と機会の評価2016-2024年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Research Nester Private Limitedは調査レポート「廃棄物からエネルギーへの市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」2020年9月 16日 に発刊しました 。廃棄物からエネルギーへの市場は、2016-2024年の予測期間中に大幅なCAGRで増加すると予想されています。

廃棄物からエネルギーへの使用は、燃焼によって直接熱または電気を生成する際に使用されます。それは廃棄物の主要な処理からの細菌発酵の助けを借りてエネルギーを生成するプロセスです。廃棄物からエネルギーは、合成燃料、エタノール、メタン、メタノールなどの可燃性燃料特性も生み出します。それは、生化学的専門知識の方法と現代の燃焼技術を使用して、都市廃棄物から電気、蒸気、または熱の形でエネルギーを回収します。アウトプットの使用と構成に応じて、これらの新しいテクノロジーにより、大量の原廃棄物が削減されます。

石油化学の埋蔵量の枯渇による電力需要の増加とエネルギーを生成するための再生可能資源への高い依存度は、2016~2024年の予測期間中に5.7%のCAGRで廃棄物をエネルギー市場に押し上げる可能性があります。地方自治体では、発電を促進するために地方自治体の廃棄物管理プログラムを採用しています。世界の廃棄物エネルギー市場の収益は、2024年末までに2016年の27,290.0百万米ドルから42,520.4百米万ドルにさらに増加すると予測されます。

これらの地域の中で、ヨーロッパは2016-2024年の期間にわたって5.9%のCAGRを登録することにより、大幅な成長が見込まれています。さらに、ヨーロッパ市場は2024年までに15,400 百万米ドルを超えると予想されています。ドイツはヨーロッパのエネルギー廃棄物(WTE)市場の成長に大きく貢献しており、2024年までに前年比7.2%の成長率が見込まれています。
再生可能なエネルギー源への需要の高まりは、エネルギー回収のためのリサイクルと燃焼の需要を推進し、今後数年間で廃棄物からエネルギー市場への成長をもたらすことが期待されています。再生可能エネルギー源は、ほとんどの従来のエネルギー源に代わる安価な代替手段です。中国やインドなどのさまざまな新興国は、二酸化炭素排出量を削減するために、再生可能資源を通じてエネルギーを開発しています。さらに、さまざまな先進国が低コストの廃棄物エネルギー技術を開発するための広範なR&D活動に関与しています。さらに、再生可能エネルギーは世界のエネルギー価格を安定させました。

レポートは、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威を含むいくつかの主要な市場ダイナミクスに強調いています。また、セグメントに焦点を当てています。廃棄物からエネルギーへの市場は、テクノロジー別(熱、生物学)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。
廃棄物からエネルギーへの市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。廃棄物からエネルギーへの市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。廃棄物からエネルギーへの市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

廃棄物からエネルギーへの市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
。アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
。中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

主要企業
廃棄物からエネルギーへの市場における業界のリーダーにはC&G Ltd.、Amec Foster Wheeler、Veolia Environment、Suez Environment S.A.、Waste Management Inc.、Keppel Seghers、Babcock & Wilcox Co.、Covanta Energy Corporation、Hitachi Zosen Inova AG、ADI Systems Inc.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-1069

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/waste-to-energy-market/1069


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Research Nester Private Limited(リサーチネスター)
代表者
Shivani Kushwaha(クシュワハ シヴァニ)
所在地
〒100-05
U.S77 Water Street 8th Floor, New York, New York 77 Water Street 8th Floor
TEL
084-4816-6241
業種
その他
上場先
Unlisted
会社HP
https://www.researchnester.com/
公式ブログ
https://www.researchnester.com/

Research Nester Private Limitedの最新プレスリリース

2020年09月29日 18:00
3Dマンモグラフィシステム市場―アプリケーション別(スクリーニングと診断);エンドユーザー別(診断センター、病院、診療所など)-世界の需要分析と機会の見通し2027年
2020年09月29日 18:00
パイプライン・プロセスサービス市場-資産タイプ別(パイプラインおよびプロセス)、転送された製品タイプ別、エンドユーザーによる展開の場所別、サービス別-グローバル需要分析および機会の見通し2027年
2020年09月29日 18:00
ヨーロッパのサービスとしての照明(LaaS)市場-設置別、コンポーネント別、テクノロジー別、エンドユーザー別(商業、産業および地方自治体))-業界の需要分析および機会の評価2019-2028年
2020年09月29日 17:00
牛レバー市場-タイプ別(コーシャとハラール);アプリケーション別(人間の消費と動物栄養);流通チャネル別(オンラインおよびオフライン)-グローバル需要分析および機会の見通し2028年
2020年09月29日 17:00
電力レンタル市場ー燃料別、電力定格別、エンドユーザー別(公益事業、石油・ガスイベント、建設、鉱業、海運)、アプリケーション別(ピークシェービングと待機電力)-グローバル需要分析と機会の見通し2027年

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.