2020年09月24日 13:00

アクロニスがサウサンプトンFCのオフィシャル・サイバープロテクション・パートナーに任命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アクロニスはクラス最高のサイバープロテクションを通じて、
クラブの重要データ、アプリケーション、システムを保護

※本リリースは2020年9月18日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは本日、プレミアリーグ所属サッカーチームのサウサンプトンFCのオフィシャル・サイバープロテクション・パートナーに任命されました。パートナー契約の下で、アクロニスは、チームのデータ資産を保護してデータワークフローを最適化する一連のサイバープロテクション・ソリューションを提供し、チームがピッチの内外で最高のパフォーマンスを発揮できるように支援します。

サウサンプトンFCのIT責任者であるジェームズ・グローヴ(James Grove)氏は次のように述べています。「サウサンプトンFCにとってサイバー保護は重要な課題です。私たちのようなグローバル組織は、無数のファンの情報を含む機密データを狙ったサイバー攻撃の標的になることも少なくありません。保管しているデータを保護することは最優先事項であり、アクロニスがこれを可能にするための最適なパートナーであると強く確信しています」

アクロニスのソリューションは、サイバープロテクションの5つのベクトル、つまり、安全性、アクセシビリティ、プライバシー、真正性、そしてセキュリティ(SAPAS)に基づいて開発されています。このため、最高レベルのセキュリティを提供するだけでなく、アクセス権限保持者が簡単にデータにアクセスでき、データの真正性を確保して、改ざんを防止できるように設計されています。データセキュリティにおいて、セキュリティとアクセシビリティはたいてい対極にある概念だと見なされますが、アクロニスのソリューションはその両方のメリットの活用を可能にします。

サウサンプトンFCが使用するソリューションの1つであるAcronis Cyber Protectは、高速かつ確実なバックアップとAIベースのマルウェア対策を提供し、直感的に使用できる単一コンソールからこれらにアクセスできます。サイバーセキュリティの側面ごとに異なる五つ星ソリューションを寄せ集めて使用すると、システム防御にギャップが生じますが、アクロニスの統合アプローチはこのようなギャップを解消し、サウサンプトンFCのような組織に優れた復元性を提供します。

このソリューションは、アクロニスとサウサンプトンFCの間に築かれたパートナーシップに基づいて、英国を拠点とするマネージドサービスプロバイダーでアクロニスのオフィシャルデリバリーパートナーであるCobweb Solutionsによって提供されます。

アクロニスの創設者兼CEOであるセルゲイ・ベロウゾフ(Serguei Beloussov)は、次のように述べています。「著名なプロサッカーチームであるサウサンプトンFCと提携できることを大変光栄に思います。サイバープロテクションに対する弊社のビジョンおよび熱意をチームと共有できることに感謝するとともに、データの安全性確保に積極的なパートナーと協力できることに期待を寄せています。今も続く新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、多くの従業員が安全性の低い自宅のネットワークを仕事に使用せざるを得なくなったため、世界中でデジタル環境における脅威にさらされている従業員が増えています。現在は、パンデミックの最中でのバーチャルな脅威と実世界での脅威の両方から組織を保護するために必要な手段を講じることが極めて重要です」

アクロニスの#CyberFitスポーツパートナシップの詳細については、https://acronis.sportをご覧ください。

アクロニスについて
アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在18か国の33の拠点で1,500人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

サウサンプトンフットボールクラブについて
サウサンプトンフットボールクラブは、英国サッカーリーグのトップリーグであるプレミアリーグに所属するプロサッカーチームです。

イングランド南岸のハンプシャーを拠点とし、ホームグラウンドのセントメリーズスタジアム(収容人数32,000人)は、1885年にクラブを創設したセントメリーズ教会のすぐ近くに位置します。

「セインツ」の愛称で知られる同クラブにとって最高の瞬間は、1976年、ウェンブリースタジアムで開催されたFAカップ決勝戦でマンチェスターユナイテッドを1対0で下したときでした。

成績不振の7年間を終えて、リーグ1とチャンピオンシップへの相次ぐ昇格を経て、2012年、プレミアリーグに復帰しました。2015年に世界で最も急成長中のフットボールクラブの1つに挙げられた同クラブは、2016年、プレミアリーグ6位という過去最高の成績でシーズンを終え、2シーズン連続でヨーロッパリーグ出場権を手にしました。
135年の歴史を誇りながら前進を続ける同クラブは、他者とは異なる手法を取り、一連の強い行動指針を使用してピッチ内外で潜在能力を卓越性に変えることで知られています。

Cobweb Solutionsについて
1996年に設立されたCobweb Solutionsは、英国で最も成功したクラウドソリューションプロバイダーの1つとして、CRN Cloud Services Provider of the Year 2019を受賞しています。深い専門技術と実績を持つ同社は、ベストオブブリードのクラウドテクノロジー、年中無休の包括的サポート、マネージドサービスを通じて、顧客の目標達成、成長の実現、競争力維持に貢献しています。

CobwebはMicrosoft Gold認定パートナーであり、アクロニスプラチナサービスパートナーでもあります。セキュリティとサービス品質を重視する同社は、ISO9001、ISO20000、ISO27001認定を取得しており、76%という世界レベルのネットプロモータースコアを獲得しています。

ハンプシャー南東部のフェアラム南岸に本拠を構える同社は、ドバイでも事業を運営しており、中東全体の顧客にソリューションを提供しています。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

  • サウサンプトンFC

会社概要

商号
アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス・ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
嘉規 邦伸(カキ クニノブ)
所在地
〒106-6108
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー8F
TEL
03-4572-2525
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.acronis.com/ja-jp/
公式ブログ
http://blog.acronis.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.