2020年09月28日 16:30

エヌピーディー・ジャパン、最新スポーツシューズ・アパレル市場レポート「コロナ禍でスポーツシューズオンライン市場は6%増、スポーツ実施頻度が上昇」を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポーツシューズ・アパレル市場情報サービス『Japan Sports Tracker*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、COVID-19による、スポーツシューズ・アパレル市場への影響を分析したレポートを2020年9月28日に公表します。

本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。2020年2月-7月における、日本のスポーツシューズ市場規模は、オフライン売上高が前年同期比22%減と大幅減の中、オンライン売上高は前年同期比6%増、スポーツアパレルのオンライン売上高は同2%増でした。この成長に最も寄与したのは、スポーツシューズではカジュアルスニーカーの23%増、スポーツアパレルではスウェット類の21%増でした。また、主にヨガやフィットネス用にスポーツシューズ・アパレルを購入した消費者において、ヨガやフィットネスの実施頻度で、「週3回以上」の比率が大幅に伸びました。



コロナ禍の2020年2-7月、スポーツシューズオンライン市場は6%増
コロナ禍の2020年2-7月期、日本におけるスポーツシューズ市場規模は、オフライン売上高が前年同期比22%減と大幅減となる中、オンライン売上高では前年同期比6%増でした<図表1>。販売個数(+5%)と平均支払金額(+1%)が増加しました。スポーツアパレル市場規模も、オフラインでは同28%減と大幅減でしたが、オンラインでは同2%増でした。平均支払金額増加(+1%)に加え、販売個数も増え(+1%)ました。
カジュアルスニーカーが23%増で、オンライン市場成長をけん引
2020年2-7月期のスポーツシューズのオンライン売上高増加の主要因は、カジュアルスニーカーの売上高が23%増と大幅に成長したことでした。スポーツシューズオンライン市場で最も比率が高く、全体の3割超を占めるカジュアルスニーカーが、大きな成長を示したことが、市場全体の成長を牽引しました。<図表3>
スポーツアパレルではスウェット類が21%増で、オンライン市場成長をけん引
スポーツアパレルのオンライン市場では、スウェット類が21%増と市場の成長をけん引しました。ジャージ上下セットも9%増で、”家着”としても使えるスポーツアパレル商品が伸びているのが特徴的でした。<図表4>

「週3回以上」ヨガやフィットネスを実施する比率が大幅増
コロナ禍においては自粛が強いられ在宅での生活が長くなる中、主にヨガやフィットネス用にスポーツシューズ・アパレルを購入した消費者において、ヨガやフィットネスの実施頻度で、「週3回以上」の比率が大幅に伸びました<図表5>。
エヌピーディー・ジャパンのスポーツ事業部アカウントマネージャーである、加藤拓真(かとう・たくま)は、「コロナ禍での生活スタイルは人々の置かれた状況、仕事や家庭環境によって大きく異なりますが、他人との接触を極力避けるという目的において、在宅の時間は間違いなく増えており、まず店舗での購入からオンライン購入へのシフトが必然的に発生しました。その中でも、在宅時間をサポートするグッズ、例えばアパレルでは“家着”類が成長し、ランニングシューズはより運動不足を補おうとする人々によって購入される機会が増えています。ヨガやフィットネスなど在宅トレーニング需要も増えていることがNPDのデータからも分かりますが、不確実性が渦巻く世の中において、このような環境の変化、ニーズの変化に対応したお得な商品や、より簡単に体のコンディションを管理してくれるアプリなどのサービスは、現在も多数存在していますが、より一層その利便性が求められていくでしょう」と話します。

※本分析の詳細をもっと知りたい方へ
「スポーツシューズ・アパレル市場動向セミナー コロナ期の市場動向と今後の展望」10月14日開催
本セミナーは、日本のスポーツシューズ・アパレル各市場の全体及び、主要セグメント分析・紹介をするもので、市場の動きを素早く捉えたいと思われているクライアント様、ノンクライアント様、市場のデータや分析を掲載したいメディア様向けに実施します。
今回は、2020年2-7月と前年同期の消費者データを基に、主にオンライン市場動向や着用者属性、使用用途(スポーツ使用/レジャー使用)、フットウェアの価格帯等に焦点を当て、コロナウイルス感染拡大の影響と今後の展望、市場においてフォーカスすべき点についてお話しします。
詳細・申込は、以下のウェブページをご覧ください。
https://www.npdjapan.com/information/info_seminar_sports_20201014/



*1  Japan Sports Tracker
スポーツシューズ・アパレル市場における全国の消費者購買行動を時系列で把握できる日本で唯一の消費者パネルデータベースです。市場のトレンドやビジネスチャンスを特定し売上高を伸ばすために必要な、製品トレンドと消費者動向について包括的な情報が得られます。カテゴリー、ブランド、アイテムレベルで自社製品、競合他社製品のパフォーマンスを分析できます。
詳細URL: http://www.npdjapan.com/solutions/sports/



■本件に関するお問い合せ先
エヌピーディー・ジャパン株式会社
担当:加藤 拓真(かとう たくま)
〒108-0074 東京都港区高輪3-23-17 品川センタービル8F
TEL : 03-5798-7663
FAX : 03-5798-7665
Email : npdjapan.info@npd.com

■会社概要
会社名 エヌピーディー・ジャパン株式会社
英名 NPD Japan Ltd.
設立年月日 2003年 3月 31日
所在地 〒108-0074 東京都 港区高輪 3-23-17品川センタービル8F
TEL (03) 5798 - 7663
FAX (03) 5798 - 7665
資本金 80,000,000円
株主 The NPD Group Inc. (100%)
代表者 トーマス・リンチ
所属団体 一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会

  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
エヌピーディー・ジャパン株式会社(エヌピーディー・ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
トーマス・リンチ(トーマス・リンチ)
所在地
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-17 品川センタービル8F
TEL
03-5798-7663
業種
リサーチ
上場先
未上場
会社HP
http://www.npdjapan.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.