2020年10月07日 14:00

日本モレックス、ハウジングに一体型のハーネスロック機構を備え、確実な電気接触と嵌合保持を実現する「Micro-One電線対基板用コネクター」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月7日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は、ハウジングとハーネスロックパーツを一体型にし、確実な電気接触と嵌合保持を実現する「Micro-One電線対基板用コネクター」を本日発表しました。

モレックスのMicro-Oneは2.00mmピッチのコンパクトな電線対基板用コネクターです。通常、後付け部品として提供される独立型セカンダリーロック(ISL)を、リセプタクルハウジングと一体成形しているため、部品点数の削減とハーネス作業の簡素化を実現できます。本製品はこの一体型のISL機構により、端子がハウジング内に完全に収まる構造が採られており、不完全な端子挿入と偶発的な脱落を防止することができます。高い圧着端子保持力を持ち、優れた嵌合保持力と確実な電気接触を提供します。

本コネクターは、ISL一体型リセプタクルハウジング、ストレートヘッダー、ライトアングルヘッダーで構成されています。対応するケーブル径は22、24、26、28AWG、極数展開は1列2~8極と市場ニーズの高いバリエーションを用意しています。色は黒が標準品ですが、オプションとしてナチュラル(アイボリー)色もあります。またISL一体型リセプタクルハウジングは、端子を挿入しISLを閉じてロックした際の長さが11.30mmとコンパクト設計のため、軽量化と実装スペースの節約に寄与します。

Micro-One電線対基板用コネクターの主な特徴

・ 独立型セカンダリーロック(ISL)とりセプタクルハウジングの一体成形により、部品点数削減し、ハーネス作業を簡素化

・ ストレートヘッダーの嵌合高さは15.20mm、同ライトアングルヘッダーは16.20mmと低背設計

・ UL/CSA規格認定取得製品で信頼性を確保

本コネクターは、冷蔵庫、エアコン、温水ガスヒーターなどの民生機器、パワーツール、テスト装置、ロボット、FA、ドローン、自動販売機などの産業機器といった用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイトhttp://www.japanese.molex.com/link/micro-one.htmlをご覧下さい。


モレックスについて
モレックスは、未来の変革とより豊かな生活を実現させるテクノロジーを可能にすることでつながる世界を支えていく。世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、医療、インダストリアル、自動車、家電などの様々な市場に広範な接続システム、サービスおよび電子ソリューションを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
日本モレックス合同会社(ニホンモレックスゴウドウカイシャ)
代表者
李 在薰(リー・ゼフン)
所在地
〒242-8585
神奈川県大和市深見東1-5-4 
TEL
046-261-4500
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.japanese.molex.com/
公式ブログ
http://www.connector.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.