2020年10月12日 11:00

テレワーク時代のモバイルコンテンツ管理ソリューション「ABookシリーズ」がMCM市場において6年連続トップシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社エージェンテック(東京都千代田区、代表取締役社長:金 淙採)は10月12日、株式会社ミック経済研究所(東京都中央区、代表取締役社長:有賀 章)の調査レポート「コラボレーション・モバイル管理ソフトの市場展望2020年度版」(2020年9月30日発刊)において、「ABook(エーブック)シリーズ」が前年に引き続き2019年度のモバイルコンテンツ管理(MCM)市場(パッケージとSaaS・ASP)の出荷金額、出荷ID数ともにトップシェアになったことをお知らせします。出荷金額、出荷ID数ともに1位となったのは6年連続。
「ABookシリーズ」は社内資料や動画、画像、音声など多様なデータをクローズド環境下で安全に利用するためのコンテンツ管理ソリューションです。単なる紙のデジタル化やデータ管理にとどまらず、データを組み合わせることで、より効果的なデータ活用を実現できることが高い評価を得ています。新型コロナウイルスの感染拡大が終息しない中、テレワーク環境整備の一環としてデジタル化、ペーパーレス化を推進できる当社製品に、多くの問い合わせをいただいております。

2020年10月現在、「ABookシリーズ」の契約数は約640社、利用端末台数(ID数)は約40万台に上り、リリースから9年以上を経てもなお、成長を続けております。今後も皆さまのビジネスを加速させるソリューション開発にまい進いたしますので、ご期待ください。
■ABookシリーズについて
・モバイルコンテンツ管理ソリューション
「ABookBiz」(https://abookbiz.agentec.jp/
・パノラマVR管理ソリューション
「ABook360」(https://abook360.agentec.jp/
・双方向性デジタルサイネージ
「ABookSmartLink」(https://abooksmartlink.agentec.jp/
・モバイル報告ツール
「ABookCheck」(https://abookcheck.agentec.jp/

■株式会社エージェンテックについて
[代表取締役社長] 金 淙採(キム・ジョンチェ)
[事業内容] コンテンツ管理ソリューション「ABookシリーズ」、ビジネスVRソリューション「VR2.0シリーズ」を中心に事業を展開。革新的なテクノロジーベンチャーを選出するアワード「2017 Red Herring Top 100 Asia」を受賞するなど注目を集めております。
[本社所在地] 東京都千代田区神田司町2-2 新倉ビル6F
[URL] https://www.agentec.jp/
【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社エージェンテック
営業推進本部 マーケティング室
Tel: 03-6206-4361 E-mail: marketing@agentec.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社エージェンテック
商号
株式会社エージェンテック(カブシキカイシャエージェンテック)
代表者
金 淙採(キム ジョンチェ)
所在地
〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-2 新倉ビル6F
TEL
03-6206-4361
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.agentec.jp/
公式ブログ
https://www.agentec.jp/blog/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.