2020年10月12日 09:30

RancherはRancher 2.5を発表。 データセンターからクラウド、エッジまで、Kubernetesクラスタの管理におけるRancher Labsのリーダーシップを拡張します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Rancher 2.5は、データセンターからクラウド、エッジまで、Kubernetesクラスタの管理におけるRancher Labsのリーダーシップを拡張します。
~ Rancherは最新のプラットフォームのリリースし、世界のKubernetesクラスタの管理におけるRancherの役割を強化します ~

カリフォルニア州クパチーノ、2020年10月6日、世界で最も広く利用されているKubernetes管理プラットフォームであるRancherの開発者であるRancher Labsは、本日 新しいインストール体験、エッジクラスタスケールにおけるGitOps、EKSクラスタの完全なライフサイクル管理、政府機関のお客様向けに新しくセキュリティが強化された認定Kubernetesディストリビューションなど、重要な新機能を発表しました。最近では、Forrester WaveTMのリーダーに選ばれたばかりです。2020年第3四半期のForrester WaveTMのレポートでは、これらの新機能により、マルチクラスタ、マルチクラウド、ヘテロジニアスコンテナ管理におけるRancherのリーダーシップがさらに強化されています。
レポートはこちらをご覧ください。
https://info.rancher.com/forrester-new-wave-enterprise-container-platform

Kubernetesは、インフラ管理を簡素化し、運用上のオーバーヘッドを削減し、組織のイノベーション能力を加速させる能力があるため、急速に普及し続けています。Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の最近のレポートによると、2019年末までに84%の組織が本番環境でコンテナを稼働させており、前年比15%の増加となっています。
レポートはこちらをご覧ください。
https://www.cncf.io/blog/2020/03/04/2019-cncf-survey-results-are-here-deployments-are-growing-in-size-and-speed-as-cloud-native-adoption-becomes-mainstream/
Rancher LabsのCEOであるSheng Liangは次のように述べています。「オンプレミス、パブリッククラウド、エッジにおけるKubernetesのユースケースが爆発的に増加しているため、大規模なコンテナが無秩序に発生しています。Rancher 2.5では、お客様が1つのクラスタを管理しているか100万のクラスタを管理しているかに関わらず、あらゆるインフラストラクチャ上で認定済みKubernetesディストリビューションを使用し、コンテナ化されたアプリケーションをデプロイして管理する、シンプルで一貫性のある方法をお客様に提供することで、どこでもコンピューティング戦略を継続的に実現しています。」

Rancher 2.5 の新機能は?
Rancher 2.5 は、ユーザが単一のローカルクラスタから始める場合でも、ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ上で多数のクラスタを管理する場合でも、Kubernetes のユーザエクスペリエンスを簡素化し、強化するための主要な新機能を提供します。新機能には以下が含まれます。

あらゆるクラスタへのインストール
Rancher 2.5 は どのようなCNCF 認定の Kubernetes クラスタにもインストールできるようになり、Rancher をインストールする前に別の Kubernetes クラスタをセットアップする必要がなくなりました。この軽量で合理化された新しいインストール体験は、EKSのようにクラウドで管理されたKubernetesサービスに既にアクセスしているユーザにとって、特に価値のあるものとなります。その他の主な機能強化は以下の通りです。

クラスタ管理 - Kubernetes ディストリビューションのコモディティ化が進む中、認定された Kubernetes クラスタに Rancher をインストールすることで、監視、アラート、ロギング、セキュリティスキャン、サービスメッシュ、永続的ストレージなど、Rancher の豊富なクラスタ管理機能にすぐにアクセスすることができます。
新しいクラスタダッシュボード - 開発者と運用チームの両方が、個々のクラスタのパフォーマンスを検査し、運用上の価値を得ることができます。
強化されたモニタリングとロギング - Rancher 2.5では、アプリケーションのモニタリングとロギング機能のメジャーアップデートが導入され、開発者やオペレータはボトルネックを迅速に特定して問題を解決できるようになりました。

コンチネンタル社の製造インフラクチャチームのリーダーであるRoland Paxián氏は次のように述べています。「コンチネンタルのように大規模な製造業組織が変革するのは、技術的にも哲学的にも大きな挑戦です。競争力を維持しながら、最も直感的かつ効率的に最新化する方法を見つけることが重要です。KubernetesとRancherが、その実現を支援してくれています。」
エッジクラスタのための大規模な GitOps
リソースに制約のある環境向けに開発された著名な軽量KubernetesディストリビューションであるK3sの成功を受けて、企業は遠隔地の支店、工場設備、列車制御装置、商用・軍用航空機誘導システム、衛星ナビゲーションシステム、風力発電所、小売店など、様々なエッジロケーションに、潜在的に数万のクラスタにまたがるアプリケーションを展開しています。

大規模なアプリケーションのデプロイと管理に対する需要の高まりに対応するため、今年初めに発表された Rancher Labs のオープンソースプロジェクトである Fleet が Rancher 2.5 に統合され、一般利用できるようになりました。Fleet の主な機能は以下の通りです。

大規模に実現するGitOps機能により、ユーザはGitリポジトリを活用してアプリケーションやKubernetesのリソース構成を保存・管理できるようになります。
● 最大100万の個別またはクラスタのグループに関連付けることができるアプリケーションパッケージ。
● 場所を問わず、あらゆるインフラストラクチャ上のアプリケーション配信を合理化することで、アジャイルな変革を加速します。
Amazon EKSクラスタのフルライフサイクル管理
Rancher は、Amazon EKS をサポートした最初の Kubernetes 管理プラットフォームでした。Rancher 2.5は、EKSクラスタのフルライフサイクル管理を提供する唯一の製品であることで、Rancherの業界におけるリーダーシップを確固たるものにしています。 フルライフサイクル管理により、ユーザはノードグループやローリングアップグレードなど、EKSの機能をフルに利用することができます。EKS の開発が進む中、Rancher は EKS に組み込まれた機能をフルにユーザに提供することをお約束します。

Rancher 2.5 は、拡張を続ける EKS に組み込まれた機能を維持するだけでなく、高度な可観測性、CIS (Center for Internet Security) ベンチマーク、プッシュボタン式の Istio サービスメッシュ、統合された OPA ゲートキーパー、簡素化されたオートスケーリングなどの機能により、EKS のユーザエクスペリエンスを向上させています。

Amazon Web Services, Inc.のKubernetes担当ゼネラルマネージャーであるBob Wise氏は次のように述べています。「Amazon EKSは、企業に安全かつ大規模にKubernetesの導入を簡素化できるよう設計されています。Rancher 2.5がAmazon EKS上で稼働しているKubernetesクラスタのライフサイクル管理を完全に提供してくれることを嬉しく思います。」

公共部門のアプリケーションのセキュリティ強化
Rancher 2.5 は、官公庁アプリケーション向け Kubernetes の人気の高まりをより良くサポートするために、Rancher の著名な認定 Kubernetes ディストリビューションである RKE の FIPS 対応、セキュリティ強化された派生製品である RKE Government を導入しました。RKE Government は CNCF 認定の Kubernetes ディストリビューションで、クラウドネイティブアプリケーションに FIPS 固有のセキュリティを必要とする世界中の政府機関に最適です。

Fujitsu UKのCTO, Law and Order部門のJason Daniels氏は、この開発について次のように述べています。「世界中の政府は、複雑で様々なコンピュータ環境を運用しており、セキュリティ要件の高さも様々です。RKE Government は、環境要件とデータの機密性に基づいて、各クラスタのセキュリティレベルを調整しながら、クラスタの集中管理を可能にします。新しいクラスタ ダッシュボードにより、パフォーマンスの真の全体像を把握することができ、かつては最も技術的な人だけが利用できた情報へのアクセスを民主化しています。」
サポートリソース
● Rancher の専門家による 2.5 についての詳細はこちらをご覧ください
https://rancher.com/blog/2020/rancher-2-5-delivers-computing-everwhere-strategy
● Rancher の Kubernetes を使ったエッジコンピューティングのイノベーションイベントに参加するにはこちらをご覧ください
https://www.accelevents.com/e/edgeconference2020
● Rancher の技術的なオンラインミートアップに参加するにはこちらをご覧ください
https://rancher.com/online-meetups/
● Rancher のホワイトペーパー「Kubernetes 戦略の構築方法」を読むにはこちらをご覧ください
http://bit.ly/rancher_whitepaper

Rancher Labs について
Rancher Labsは、データセンター、クラウド、支店、ネットワークエッジなど、あらゆるインフラストラクチャ上にKubernetesを大規模に展開・管理できるオープンソースソフトウェアを提供しています。3万5千人のアクティブユーザーと1億回以上のダウンロード数を誇る同社の主力製品であるRancherは、業界で最も広く採用されているKubernetes管理プラットフォームです。詳細については、www.rancher.com をご覧になり、Twitter で @Rancher_Labs をフォローしてください。ここに記載されているすべての製品名および会社名は、それぞれの登録所有者の商標である可能性があります。

Rancher Labs, Japanグループについて < https://rancher.connpass.com/
このグループではRancher Labsがご提供するOSSおよびサービスについての様々なイベントを企画して参ります。オンサイトセミナー、年次イベントおよびOnline Meetupsなどをご案内する予定です。基礎編の「はじめてのRancher」、新製品情報をご案内するMeetups、ワークショップで実践するRodeo、11月12日には年次イベント「Rancher Day」を計画しております。皆様のご参加をお待ちしております。

詳細については、以下にお問い合わせください。
社名 :Rancher Labs, Inc.
E-mail :junji@rancher.com 西原 順二
URL :https://www.rancher.co.jp/
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Rancher Labs, Inc.(ランチャーラボ)
代表者
Sheng Liang(シェンリィァン)
所在地
〒-
Cupertino, CA 9501419409 Stevens Creek Blvd #260 
TEL
080-6633-5097
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://rancher.com/
公式ブログ
https://rancher.com/blog/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.