2020年10月16日 17:00

スティック包装市場-製品タイプ別(紙、ポリエチレン、アルミホイル、ポリエステル、ポリプロピレン、カートン、スタンドアップポーチ)およびエンドユーザー別-世界的な需要分析および機会 見通し2028年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Research Nester Private Limitedは、スティック包装市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年10月 16日 に発刊しました。これは、スティック包装市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

スティック包装は柔軟なタイプの包装で、長くて細いもので、二つの短い端がシールされており、背面がシールされています。主に食品包装に使用されています。これに使用される材料は、プラスチック、紙、またはアルミホイルです。持ち運びに便利なため、外出中の消費者に適しています。粉末ドリンクミックス、ビタミンと栄養素、乾燥甘味料、医薬品などの保管に最適です。一つのパックで一つのサービング容量を保持できるため、コンパクトで効率的です。他のカテゴリのパッケージと比較して、環境への影響は少なくなります。

スティック包装市場は過去数年間一貫した成長を目撃しており、2020-2028年の予測期間中に大幅なCAGRを記録すると予想されます。

世界中の人口の増加

世界銀行によると、世界の人口は2015年の73.3億人から2019年には76.7億人に増加しました。国連の統計によると、毎年約8300万人が世界の人口に追加されており、人口規模の増加傾向が続くと予想され、それによって食品産業の生産が増加します。この生産量の増加により、今後数年間でシングルサービングのフレキシブル包装の需要が大幅に増加すると予想されます。
フレキシブルパッケージングソリューションを運用している組織からの投資の増加

世界中でフレキシブル包装の需要が高まっているため、企業はスティック包装市場への投資を増やしています。消費者は、コンパクトで持ち運び可能で、柔軟性が高く、取り扱いが便利で、効率的であるため、硬質包装よりも柔軟包装を使用する傾向があります。さらに、スティックパッケージのフットプリントには、材料、事実、有効期限の詳細などのグラフィックや販売情報を表示するのに十分な表面積が含まれています。これにより、組織はより優れたブランディング戦略に取り組むことができます。

梱包材のコストが高い

ポリエステル、ポリプロピレン、アルミホイルなどの原材料が高コストで入手できないため、製品の販売が妨げられる可能性があります。また、世界のスティック包装市場の成長に向けた重要な抑制要因としても機能します。
レポートは、製品タイプ別(紙、ポリエチレン、アルミホイル、ポリエステル、ポリプロピレン、カートン、スタンドアップポーチ)およびエンドユーザー別(食品および飲料、医薬品および化粧品、消費財、栄養補助食品など)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

主要企業
スティック包装市場における業界のリーダーはT.H.E.M.、Amcor Group GmbH、Constantia Flexibles、Huhtamaki OYJ、Mondi Group、Sonoco Products Company、Berry Plastic Corporation、Syntegon Technology GmbH、Ball Corporation、Reynolds Group Holdingsなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。
市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。

スティック包装市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
● 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
● アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
● 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2748

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/stick-packaging-market/2748

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Research Nester Private Limited(リサーチネスター)
代表者
Shivani Kushwaha(クシュワハ シヴァニ)
所在地
〒100-05
U.S77 Water Street 8th Floor, New York, New York 77 Water Street 8th Floor
TEL
084-4816-6241
業種
その他
上場先
Unlisted
会社HP
https://www.researchnester.com/
公式ブログ
https://www.researchnester.com/

Research Nester Private Limitedの最新プレスリリース

2020年10月30日 18:00
インテリジェントポンプ市場「、2018-2027年の予測期間中に、7.3%のCAGRで成長」―ポンプタイプ別、コンポーネント、エンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2027年
2020年10月30日 18:00
軍用ロボット市場-プラットフォーム別;ペイロード別;アプリケーション別(インテリジェンス、監視・偵察(ISR)、ピックアンドプレイス、消防、救助・捜索)-グローバル需要分析および機会見通し2024年
2020年10月30日 18:00
癌免疫療法市場ー技術別(細胞免疫療法、モノクローナル抗体、免疫チェックポイント阻害剤、癌ワクチンおよびサイトカイン療法);エンドユーザー別-グローバル産業需要分析と機会評価2017-2027年
2020年10月30日 17:00
インテリジェントコンベヤーシステム市場-コンポーネント別(ソリューションとサービス);エンドユーザー産業別(自動車、ライフサイエンス・マテリアルハンドリング)-世界の需要分析と機会見通し2027年
2020年10月30日 17:00
クラウドベースの創薬プラットフォーム市場-タイプ別;アプリケーション別(製薬会社、病院、バイオテクノロジーベンダー、委託研究機関)-世界的な需要分析と機会の見通し2027年

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.