2020年10月27日 11:00

Acronis Hybrids Global Cyber Summit 2020開催、クライアントや企業へのサイバープロテクションの提供に尽力している9,500名の専門家が参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイバープロテクションのプロフェッショナルが集った世界最大規模のオンラインイベントより、
すべてのプレゼンテーションと基調講演、そして実務的な考察がオンデマンドで無料公開されています

※本リリースは2020年10月26日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスが開催したAcronis Global Cyber Summit 2020(https://acronis.events/summit2020/)が閉幕しました。このイベントには、サイバープロテクション分野の最新の戦略や、技術の発展に関心を寄せる9,500名以上の人々が世界中から参加しました。これらの参加者には、新たに開設したAcronis #CyberFit Academyにてこれらのテクノロジーを効果的に展開および販売する方法についてトレーニングを受けた1,175名も含まれています。10月19日~21日に無料のオンラインイベントとして開催された今年のハイブリッドサミットでは、150名以上のソートリーダー、サイバーセキュリティの専門家、チャネルの専門家、業界のエグゼクティブ、著名スポーツ選手によって、60のセッションが行われました。今年のサミットの全プログラムは、オンデマンドのビデオストリーム(https://summit.acronis.events/agenda)経由で、10月22日から12月20日まで無料公開される予定です。

アクロニスの創設者で、CEOを務めるセルゲイ“SB”ベロウゾフ(Serguei “SB” Beloussov)はスイスのシャフハウゼンにある本社にて講演を行い、次のように述べました。「現在の企業はリモートワーク、ITへの要求、サイバー脅威といった課題を抱えているため、企業と企業を支援するサービスプロバイダーの双方を対象とする、総合的なサイバープロテクションによるソリューションや機会に対して、非常に大きな関心が寄せられています。今年のサミットの成功は、そうした知識を皆が強く求めていることの現れであり、ITチャネルやITチームの専門家たちはアクロニスのコミュニティに加わって、すぐに現場で応用できる実践的な情報や、ソリューション、戦略を手に入れました。参加者にとって有益な情報に満ちあふれたイベントを開催できたことを喜ばしく思っています」

ライブセッションはすべて録画され、サミットのプラットフォームからオンデマンドで配信されています(英語のみ)。

新型コロナウイルスによるITへの長期的な影響
2020年が始まったとき、多くの企業はクラウドベースのソリューションに移行したり、スタッフを在宅で勤務させたりする計画を持っていたわけではありませんでしたが、コロナウイルスの影響により、そうした対応を余儀なくされることになりました。そのため今年のサミットでは、今回の世界的なパンデミックがもたらした変化によって、ITとサイバーセキュリティの未来にどのような影響があるのか、という点がイベント全体を通したテーマとなりました。
この新しい日常が生み出した課題と機会は、4つのカンファレンストラックのそれぞれで深く掘り下げられました。この4つのトラックはITチャネル、エンタープライズIT、開発者とISV、マーケティングおよび営業のプロフェッショナルを対象とするものでした。どのトラックにも、パンデミックの長期的な影響について知りたいと考えている参加者達が集まりました。

アクロニスのサイバープロテクション研究所担当バイスプレジデントであるキャンディッド・ヴュースト(Candid Wüest)は、ITチームとサービスプロバイダーに向けて「くれぐれも注意してください。攻撃者はすでに、価値あるデータがどこにあるのかを知っていて、クラウドに手を伸ばして、そこにある新しいサービスを攻撃する用意を整えています」と警告しました。この新しいデジタル環境で要求されるセキュリティを確保するために、サイバーセキュリティ、データ保護、エンドポイント保護の管理機能を統合する必要が生じています。

サイバーセキュリティの未来について独自の展望を持つ、元パロアルトネットワークスのルネ・ボンバニー(Rene Bonvanie)氏は基調講演で、現代のサイバー犯罪者からの攻撃に対抗するには、AI、オートメーション、インテグレーションなどの新しいツールが不可欠であり、そのようなアプローチを採り入れているサミットの参加者には新たな機会が到来するだろうと述べました。現在のサイバーセキュリティのトレンドを受けて、アクロニスのパートナーは、顧客をどのように守るか、また、自社のソリューションを販売する方法や価値を認めてもらう方法について、再考するよう促されるはずだ、と同氏は述べています。

双方向で交流できるイベント
今年のAcronis Global Cyber Summitはオンラインでの開催となりましたが、直接交流する機会をできるだけ多く持てるような構成となっており、1対1でのやり取りが可能なアクティビティやリソースが用意され、従来のオンサイト型のカンファレンスで参加者が活用していたような、コミュニティ主導のネットワーキングの機会が設けられていました。

たとえばIT Channel LoungeDevelopers Hubでは、参加者は、世界中の同業者や専門家と交流して、自分たちが直面している問題や活用しているソリューションなどについて議論を深めることができました。

国際的な放送ジャーナリストであり、元CNN Money CHのアナ・マリア・モンテロ(Ana Maria Montero)氏が進行役を務めたWomen in Techセッションでは、今活躍している女性のテクノロジーリーダーから学ぶ機会を提供しました。参加者であるテクノロジーのプロフェッショナルである女性たちは、権力と影響力によって動かされる環境をどのように進んでいけば、ビジネスで強力なネットワークを構築しながら、独特な課題を抱えるこの業界で成功を収めることができるかを学びました。

2年目となる今回のサミットでは、Acronis Partner Awardsが注目のイベントの1つとなりました。アクロニスは、あらゆる企業と市場が包括的に保護される世界を実現すべく、サイバープロテクションを先導する企業を世界中から選出しました。2020年の受賞企業の一覧はこちらから(https://www.acronis.com/ja-jp/blog/posts/2020nian-du-acronis-cyberfit-partners-awardsnoshou-shang-qi-ye-wofa-biao)ご覧いただけます。今年のサミットでは、世界的な著名シェフのキッチン、評判の高いイタリアのワイナリー、スイスの歴史ある時計職人の工房、そしてアーセナル・フットボール・クラブの競技場を、快適な自宅オフィスにいながら見て回ることができるというユニークなイベント(https://www.acronis.com/en-us/blog/posts/6-special-acroniscybersummit-events-you-wont-want-miss)も用意されていました。

アクロニスのロードマップに関するおもな発表
アクロニスはこのイベントで、同社の未来に関わる3つの大きな発表を行いました。

Acronis #CyberFit Academy - サイバープロテクションソリューションをどのように位置付け、販売し、展開するのかについて、チャネルパートナーに価値ある情報を提供することを目的とした、新規のトレーニングおよび認定プログラムが開始されました。
https://www.acronis.com/ja-jp/pr/2020/10/21-04-14.html

アクロニスのクラウドデータセンターのグローバルネットワーク拡大 - アクロニスは、クラウドデータセンターのグローバルネットワークを拡大する計画を発表しました。カナダ、ニュージーランド、ブータンに新しい施設が建設され、新興市場で100以上のマイクロデータセンターを整備する予定です。
https://www.acronis.com/ja-jp/pr/2020/10/23-06-37.html

Acronis Cyber Protect CloudとCitrix Workspaceとの統合 - アクロニスは、場所に関係なく顧客のCitrix Workspace資産の保護を強化するために設計された、マネージドサービスプロバイダー(MSP)向けの統合ソリューションを発表しました。
https://www.acronis.com/ja-jp/pr/2020/10/22-05-05.html

サミットを支援してくださったすべてのスポンサーへの謝辞
Acronis Cyber Summit 2020を無料のオンラインイベントとして開催できた大きな要因は、イベントスポンサーによる支援です。今年のイベントを支援してくださった企業には、GoDaddy Pro、Ingram Micro Cloud、Scale Computing、Pax8、CMS Distribution、Virtuozzo、Apple Print & Creative、Interworks Cloud、EzeCastle Integration、Schaffhausen Institute of Technology、Vuzion、Hintsa Performance、Castello di Bossi、H. Moser & Co.などがあります。

アクロニスについて

アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在18か国の33の拠点で1,500人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス・ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
嘉規 邦伸(カキ クニノブ)
所在地
〒106-6108
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー8F
TEL
03-4572-2525
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.acronis.com/ja-jp/
公式ブログ
http://blog.acronis.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.