2020年10月29日 11:00

SBIいきいき少額短期保険株式会社が、Salesforceで管理する帳票の運用改善に「SVF Cloud」と「SPA Cloud」を導入 ~導入コストの約3倍のコスト削減効果~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:田中 潤)は、少額短期保険業として各種の保険を提供するSBIいきいき少額短期保険株式会社(以下、SBIいきいき少短)が、Salesforceで管理する帳票運用の改善を目的に、帳票クラウドサービス「SVF Cloud」およびドキュメント管理ソリューション「SPA Cloud」を導入・本格運用したことを、本日お知らせします。

 SBIいきいき少短では、資料請求を受けた際の送付状や申込書、新規契約を結んだ際の保険証券、請求・入金時の請求・未納案内、異動・更新が行われた際の各種案内、保険金の請求時の支払案内など、さまざまな帳票が運用されています。これらの帳票出力は年間50万枚に及び、SalesforceのデータをExcelやAccessと連携して作業を行っていました。
 そこで、帳票出力の運用改善を図るため2018年に「SVF Cloud」を導入し、帳票管理の一元化や改ざんリスクを回避した外部出力、帳票のバージョン管理とリリース管理の負荷軽減、運用コストの低減などを実現しました。

 次のステップとして、申込書など手書きの書類を保険業務の担当者が目視で確認し、その内容をSalesforceに手入力する煩雑な作業を効率化するため、帳票インプットの環境の改善に取り組みました。
 従来の2~3倍の業務量に対応できる効率的な業務フローを構築することが急務とされていたほか、老朽化した既存の文書管理・検索システムを代替するソリューションを模索するなか、「手書き文字も含めたOCRによるデータ化」「データ化項目のSalesforce連携」「スキャンファイルのPDF化と保管・検索」という要件を満たすサービスとして、2019年12月に「SPA Cloud」を導入し、現在、保険業務部門の10名の担当者が利用しています。
 紙の帳票を「SPA Cloud」のOCR機能で読み込むと、あらかじめ設定されたキー項目に該当するデータが自動的にSalesforceに入力される仕組みにより、従来は目視と手作業でデータを入力していた担当者の負荷は大幅に軽減されました。また、「SPA Cloud」にログインした状態であれば、Salesforce側からもワンクリックで「SPA Cloud」を呼びだして、文字や数字に変換された各キー項目のデータを確認できるようになりました。

 安定的な稼働が図られている現在、「SPA Cloud」の導入にかかった初期費用やデータ移行費などへの投資は、人件費やシステム保守費用などへの換算でその約3倍に相当するコスト削減効果を見込んでいます。
■事例紹介
https://www.wingarc.com/product/usecase/215.html

【SBIいきいき少額短期保険について】
少額短期保険業として、「シンプルでわかりやすく」「保険料は手ごろに」というお客様の声に応える死亡保険、医療保険、ペット保険、地震補償保険を提供

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク1st株式会社
〒106-6235 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.com

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

ウイングアーク1st株式会社
商号
ウイングアーク1st株式会社(ウイングアークファーストカブシキガイシャ)
代表者
田中 潤(タナカ ジュン)
所在地
〒106-6235
東京都港区六本木 六本木グランドタワー
TEL
03-5962-7300
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.wingarc.com/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.