2020年11月19日 18:00

一般社団法人日本フードアナリスト協会が、「新型コロナ下で『潰れる飲食店』『生き残る飲食店』を徹底予想!」を開催 ~外食業エキスパート・アナリストが語る新型コロナ後の世界~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食の情報を扱うプロフェッショナルを養成する一般社団法人日本フードアナリスト協会(事務局:東京都千代田区、会長:横井裕之)では、
「新型コロナ下で『潰れる飲食店』『生き残る飲食店』を徹底予想!」講座を開催します。
新型コロナで緊急事態宣言が発令されたのが今年2020年3月13日。総理大臣による発令は4月7日でした。日本列島は未曽有の災禍に見舞われています。

今回の新型コロナ災禍で一番、ダメージを受けた業界は、航空業界、イベント業界、旅行業界、ホテル・旅館業界ですが、外食業界も大きな緊縮を余儀なくされています。
かたやウーバーイーツがポピュラーな存在になり、仕事を失った人たちの雇用の受け皿になっている側面がありました。
最近になりGO TO EATキャンペーンが始まりましたが、新型コロナウイルス第3波が再来し今後の見通しはまだまだ不透明な状況が続いています。
今回の講演は、フードアナリストで外食業エキスパート・アナリストでもある重盛高雄先生に、ずばり、「これからの外食業はどうなる?」を語っていただきます。
【講座内容】
・多くは誰でも知っているチェーン店の興亡。
・これから半年以内に業績の回復しない会社は?
・生き残る会社はどこ?
・新型コロナ後に伸びる会社は?

財務データや決算、経営戦略を分析した数字をしっかり挙げながら大胆予測をしていただきます。
今回の新型コロナとはなんだったのか。
新型コロナで、外食業界はどのように変わったのか。変わっていこうとしているのか。
ビジネスマンなら一番知っておくべき内容が沢山詰まったセミナーです。
セミナーの詳細・申込みは https://foodanalyst.jp/for-member/#aftercoronavirus をご覧ください。

【重盛高雄先生プロフィール】
ファーストフード、外食産業に詳しいフードアナリストとしてニュース番組、雑誌等に出演多数。
2017年はThe Economist誌(英国)に日本のファストフードに詳しいフードアナリストとしてインタビューを受ける。
他にもBSスカパー「モノクラーベ」にて王将対決、牛丼チェーン対決にご意見番として出演。
最近はファストフードを中心にweb ニュース媒体において経営・ビジネスの観点からコラムの執筆を行っている。

【日時】12月15日(火) 19時00分~20時30分
【会場】Zoom限定
【受講料】正会員 1,100円
一般  11,000円
※事前振込みをお願い致します。
【持ち物】筆記用具
【申込先】https://www.s-db.jp/entry?k=6da508c0ed4c9d4b1bf0507598035aceeeA4%2CeEAI

【会社概要】
商号:一般社団法人 日本フードアナリスト協会(ニホンフードアナリストキョウカイ)
代表者:横井裕之(ヨコイヒロユキ)
所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町15-8 壱番館5階
TEL:03-3265-0518
業種:団体・連合会・官公庁・自治体
上場先:未上場
従業員数:50名未満
会社HP:http://www.foodanalyst.jp/
IR情報:http://www.foodanalyst-pro.com/
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
一般社団法人日本フードアナリスト協会(イッパンシャダンホウジンニホンフードアナリストキョウカイ)
代表者
横井裕之(ヨコイヒロユキ)
所在地
〒102-0082
東京都千代田区一番町15-8 壱番館5階
TEL
03-3265-0518
業種
団体・連合会・官公庁・自治体
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.foodanalyst.jp/
IR情報
http://www.foodanalyst-pro.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.