2020年11月24日 11:00

アバイア、Avaya Vantageの最新バージョンを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リモートワーカーの生産性を高め、場所を問わない働き方をサポート


米アバイア・ホールディングス(本社:米カリフォルニア州サンタクララ、プレジデント 兼 最高経営責任者(CEO):ジム・チリコ、以下「アバイア」)は本日、同社のデスクトップ電話機「Avaya Vantage(TM)」の最新バージョンを発表しました。最新版のAvaya Vantageは、設計を刷新し、ビルトイン型HD会議カメラや広帯域オーディオ機能、4つのマイクを搭載したオールインワン型の在宅勤務向け会議ソリューションとして、ラップトップPCを必要としないコラボレーション体験を実現します。




さらに、Avaya Vantageの最新バージョンにあわせて、クラウドを活用した会議/チームコラボレーション・ソリューション「Avaya Spaces(TM)」とAvaya Vantageの連携機能を強化しました。Avaya Spacesは、ユーザーが遠隔地からクラウド環境に接続し、チャット、音声、ビデオ、オンライン会議やコンテンツ共有の統合など、豊富なコラボレーション機能を使用し、デジタルワークプレースを実現します。

Avaya Spacesが提供するデジタルワークプレースでは、クラウド環境にあるコミュニケーション機能を活用することで、部門横断型の円滑なプロジェクト処理や迅速な意思決定を可能にします。これにより、各国・地域に分散するチーム環境においても、一つの業務プラットフォーム上で連携することができます。

アバイアは現在、Avaya OneCloud(TM)を主軸に、Avaya OneCloud(TM) UCaaS/CCaaS/CPaaSの各種機能を活用した「コンポーザブル在宅勤務ソリューション」戦略を提唱しています。アバイアは同戦略の下で、ユーザー側で構成が容易な在宅勤務ソリューションの提供を目指しており、Avaya VantageとAvaya Spacesは、その中心的な要素として機能しています。これにより、企業は自社の従業員やカスタマーサービスエージェントに対し、それぞれのユーザーに合わせた在宅勤務環境を簡単に提供することが可能です。

アバイアが最近発表した調査「Work from Anywhere:場所にとらわれない働き方」によると、調査対象企業の65%が、在宅勤務化に向けた長期的なトレンドが予測される中で、自社の従業員が在宅勤務に適応できるように、新たなビデオ会議ソリューションの追加を検討しています。アナリストの推察によると、全世界のナレッジワーカーの人口が10億人を上回る中、パンデミック以前はナレッジワーカーのリモートワーク率が1桁台の前半にとどまっていました。一方、パンデミック後の状況に関する最新の推察では、従業員の30%が週に2回以上は在宅勤務になるであろうと指摘しています。

こうした在宅勤務化に伴い、ラップトップPCは新たな「オフィス」の役割を果たしており、通話や会議、メッセージの送受信だけでなく、その他の多くの業務でも利用されています。その結果、ラップトップPCは、CPU負荷の高い多数のアプリで混雑状態になり、ソフトフォンの利用や会議の参加時には、作業の一時停止を余儀なくされることもあります。

最新のAvaya Vantageは、通話と会議の負担をラップトップPCから専用デバイスへと移すことで、より快適な在宅勤務環境を提供します。処理能力の向上により、従来と比較して3倍の高速動作が可能で、在宅勤務のコミュニケーションに必要な汎用性とシンプルな操作を実現できます。またWi-Fiに接続することで、設置場所を問わず、ヘッドセット、キーボード/マウス、外部カメラ、外部ディスプレイなどの周辺デバイスとの接続も可能です。

Avaya Vantageの設定・利用は簡素化されており、既存のAvaya OneCloudプラットフォームや標準規格に準拠した動画インフラストラクチャと連携し、ユーザーの選択したクラウドベースのアプリケーションへのアクセスが可能です。

さらに最新のAvaya Vantage では、「スクリーンシフト」機能を採用し、ユーザーの会議参加における柔軟性を実現します。これにより、会議中の状況に応じて、コンテンツ、会議参加者、またはその両方を、より大きな画面に表示することができます。参加者がプレゼンテーションを行う際は、Avaya Vantageの画面をワンタッチするだけで、ラップトップPC上にも同じ会議が開かれ、プレゼンテーションを行えます。

アバイアのシニアバイスプレジデント兼CMOであるサイモン・ハリソンは、次のように述べています。「アバイアは、ホームオフィスで働くユーザーの生産性を向上させるソリューションを組み立てるために、Avaya VantageとAvaya Spacesを提供しています。また、Avaya OneCloudでは、パッケージ化されたビジネス機能を提供し、クラウドが提供すべきあらゆる機能をお客様にご利用いただくことで、お客様のデジタルトランスフォーメーションを加速させています。」

Avaya Vantageは、アバイアのDevice as a Service(DaaS)ソリューションとして、在宅勤務をしている方向けに、お手頃な月額料金で提供しています。

参考資料
● 「Avaya Vantage Brochure」(英語)
https://www.avaya.com/en/documents/fs-avaya-vantage-uc7928en.pdf

● アバイアのオンラインデバイスカタログ
https://www.avaya.com/jp/devices-and-phones/

● アバイアの「コンポーザブル・ホームオフィス・ソリューション」(英語)について
https://www.avaya.com/en/solutions/work-from-anywhere/


アバイア(Avaya Holdings Corp.)について
ビジネスはそれを提供する側のエクスペリエンスに基づいて構築されており、毎日何百万ものエクスペリエンスがアバイア(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ)によって構築されています。アバイアはイノベーションとパートナーシップにより、ビジネスに画期的な利点をもたらし、仕事の未来を形成するテクノロジーを開発しています。アバイアのクラウド・コミュニケーション・ソリューションとマルチクラウド・アプリケーション・エコシステムは、容易でパーソナライズされたインテリジェントな顧客体験と従業員体験を提供し、お客様のビジネスの成長を支援します。詳細は、アバイアのWebサイトhttp://www.avaya.com をご覧ください。
日本アバイア ウェブサイト:http://www.avaya.com/jp
日本アバイアFacebook:https://ja-jp.facebook.com/avaya.jp
※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

日本アバイア株式会社
商号
日本アバイア株式会社(ニホンアバイアカブシキカイシャ)
代表者
和智 英樹(ワチ ヒデキ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー3F
TEL
03-5575-8822
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
会社HP
http://www.avaya.com/jp/
IR情報
http://www.avaya.com/investors/overview/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.