2020年11月30日 10:00

アクロニスと世界経済フォーラムのサイバーセキュリティセンターが、世界で増加するサイバー犯罪対策で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
めまぐるしい進化を遂げるサイバー犯罪に対抗すべく、アクロニスは
サイバープロテクションについての洞察を活かし、体系的なサイバーセキュリティ上の
課題に対処し、デジタルの信頼性を向上させるために取り組みます

※本リリースは2020年11月26日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

2020年11月26日 - スイス・シャフハウゼン発 - サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは本日、世界規模で拡大しつつあるサイバー犯罪の脅威に対抗するため、官民共同のネットワークである世界経済フォーラムのサイバーセキュリティセンターとパートナーシップを締結したことを発表しました。

デジタル経済が世界の大きな牽引力となった現代において最も懸念すべきはサイバーセキュリティです。そのため世界経済フォーラムのサイバーセキュリティセンターでは、サイバーセキュリティこそが、民間企業や公的組織にとっての価値と機会につながる競争力であるとし、経済界、政府機関、市民社会、学術界などさまざまな分野のリーダーへの働きかけを実施しています。

このパートナーシップを通じて、アクロニスはサイバーセキュリティに対する包括的なアプローチを提供するサイバープロテクションへの独自のアプローチに貢献し、将来のセキュリティおよび保護に対する課題を解決するためのイノベーションを開発します。具体的には、「サイバーリスクおよびコーポレートガバナンス(Cyber Risk and Corporate Governance )」プロジェクトに参加し、サイバーセキュリティ上の主な課題を理解するための基準の構築を支援しつつ、セキュリティおよびサイバーレジリエンスのための戦略について助言を提供します。

当社の創業者でCEOを務めるセルゲイ“SB”ベロウゾフ(Serguei “SB” Beloussov)は次のように述べています。「世界経済フォーラムの最新のグローバルリスクレポートでは、世界の脅威のトップ5がサイバーセキュリティ関連で占められており、なかでも最も差し迫った危機はサイバー攻撃とデータ盗難であるとされています。サイバープロテクションという新しいIT領域の最前線に立つアクロニスは、現代の組織が直面する保護上の課題に対する、独自の包括的なアプローチを提供します。仲間と協力することで、当社は、経済界や政府機関の各リーダーが、現代のサイバーセキュリティへの責任を果たすために必要なツールやフレームワークを確実に利用できるようにします」

この新たな協力体制の一環として、セルゲイ“SB”ベロウゾフ(Serguei “SB” Beloussov)は、2020年11月16~17日に開催されたサイバーセキュリティセンターの年次会議にて自身の専門的な知見を共有しました。

当社の取締役会会長であるレネ・ボンヴァニー(René Bonvanie)は次のように述べています。「デジタル世界においてサイバーセキュリティは極めて重要ですが、データ侵害は現実として日々発生しています。しかしアクロニスでは、防止、検知、対応、復元、フォレンジックという保護の5つの層を1つに統合したサイバープロテクションプラットフォームを提供しています。これにより当社は、現代のサイバーセキュリティ上の課題に、極めて効果的かつ効率的なアプローチをとることができます」

また今回のパートナーシップにより、民間企業や公的機関のリーダーは、当社のサイバープロテクションへの包括的なアプローチなどを活用して策定された戦略やガバナンス基準も利用することができます。

アクロニスのサイバープロテクションソリューションの詳細については、https://www.acronis.com/ja-jp/からご確認ください。

世界経済フォーラムのサイバーセキュリティセンターについて
デジタル社会の安全性を確保することを目的に、世界経済フォーラムのサイバーセキュリティセンターは、体系的なサイバーセキュリティ上の課題に対応し、デジタル活用の信頼性を向上させるための世界的取り組みの先頭に立っています。このセンターは完全な公平性と独立性を持つグローバルなプラットフォームで、官民両セクターの主要な関係者を招集し、国際的な対話とコラボレーションを促進することで、最も重要なサイバーセキュリティ上の課題に対応しようとしています。詳細は、
https://jp.weforum.org/platforms/shaping-the-future-of-cybersecurity-and-digital-trustにてご確認ください。

アクロニスについて
アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在18か国の33の拠点で1,500人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス・ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
嘉規 邦伸(カキ クニノブ)
所在地
〒106-6108
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー8F
TEL
03-4572-2525
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.acronis.com/ja-jp/
公式ブログ
http://blog.acronis.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.