2020年12月10日 09:00

東京ファッションテクノロジーラボにて「アパレルDX(デジタルトランスフォーメーション)コース」が2021年4月に新規開講決定!!アパレル業界のDX化を促進する人材育成をスタート。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファッションテックの専門スクール「Tokyo Fashion-technology Lab(略称:TFL)」(代表 市川雄司 東京都渋谷区神宮前)は、ファッション業界のデジタル活用の広がりを捉え、アパレル企画業務からPR業務までの一連で活用できる3DCG領域のスキルと知識を持った人材育成を目的に「アパレルDX(デジタルトランスフォーメーション)コース」を2021年4月に開設し、2020年12月10日(木)から募集を開始します。


■コースの特徴

2020年前半から世界中を震撼させているコロナ禍の影響で、「ファッション産業のDX化」の機運が高まっており、大手アパレル企業での3DCGを使用した効率的な商品企画や、ブランド専属のバーチャルモデルの誕生、CG制作会社によるアパレル製品サンプルの3DCG化などのサービスが次々と誕生しています。このように、3DCGを活用したアパレルの商品企画~製品サンプル~PR商材撮影までの一連のDX化が、一気に注目を浴び始めています。

しかしながら、アパレル業界には「ファッション」と「3DCG領域」の知識を持ち合わせている人材がまだまだ少ないことが課題として挙げられています。

そこでTFLでは、アパレル業界に携わるパタンナーやデザイナーに向けて、デジタル時代の新しい職域・職能に対応できるファッションクリエイターを育成する「アパレルDXコース」を国内専門教育機関に先駆けて立ち上げます。
このコースでは、ファッション3Dモデリングのスキルのみならず、テキスタイルや付属品のデジタル化、3DCG領域の知識など、リアルプロダクトに直結したデジタルツインを効率よく作成するノウハウを持った人材を育成し、ファッション業界のデジタルトランスフォーメーションに寄与していきます。

これによって、アパレル業界のサンプル経費削減やデザイン検討の時間短縮、ECサイトの販売効率アップ、さらにはマスカスタマイゼーションへの対応に直結し、ファッション産業のサスティナビリティを高めます。

■学部で使用するソフト・ツールなど
■アパレルDX対応型人材活躍の場

(1):製造過程での活躍の場
・デザイン検討会での3DCG活用
・WEB会議などでの3DCG活用
(2):流通過程での活躍の場
・ECへの3DCG掲載
・3DCG展示会
・広告/販促物として3DCG活用
・VR/AR空間でのファッションショー
(3):3DCGファッションデザイナーとして業務請負やブランドスタート
(4):バーチャルモデル・インフルエンサーなどへのデジタル衣装提供
(5):3Dモデルによるフルオーダーサービス
(6):ファッションマスカスタマイゼージョンのビジネス創造
(7):ゲーム・アニメの衣装製作
など



■「アパレルDXコース」のコース詳細


開講時期:2021年4月
授業曜日:土(週1日)
受講期間:6ヶ月間
受講資格:18歳以上の服飾専門学生・大学生・アパレル業界従事者(デザイナー/パタンナー等)
受講料:68万円(入学金・設備費・実習費・授業料)
募集人数:5名
コース募集詳細ページ:http://tfl.tokyo/event_appareldx_guidance/

■東京ファッションテクノロジーラボの紹介

株式会社TFLが運営するファッションテックスクール。
変革期にあるファッション業界の人材育成を目的に2017年4月原宿で開校。
ファッション業界はじめ、ICT、通信業界など異業種で働く社会人の転職、創業目的や大学生などのWスクール受講が可能なハイエンドスクール。

HP:http://tfl.tokyo
校舎:東京都渋谷区神宮前3丁目27-22 ルコタージュビルディング203
代表 市川 雄司
  • 教育、資格、スキル

会社概要

商号
株式会社TFL(カブシキガイシャティーエフエル)
代表者
市川 雄司(イチカワ ユウジ)
所在地
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-27-22 ルコタージュビルディング2F
TEL
03-6721-0360
業種
教育関連
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://tfl.tokyo

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.