2020年12月02日 16:00

2020年12月3日(木)「梅酒ヌーヴォーの日」解禁 今年収穫したての梅だけを使用した  オール埼玉産の「ださいたま梅酒ヌーヴォー」数量限定で発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リカー・イノベーション株式会社(本社:東京都足立区、代表取締役:荻原恭朗)は、弊社が運営するお酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」にて、「ださいたま梅酒ヌーヴォー」を、2020年12月3日(木)「梅酒ヌーヴォーの解禁日」より発売します。本商品は、2020年度に収穫されたばかりの、埼玉県内の産地の異なる「毛呂山町産」と「越生町産」の「白加賀梅」を掛け合わせて造った贅沢な梅酒の新酒です。今しか味わえない“できたて”の希少な梅酒のため、「数量限定」で販売を開始します。(https://kurand.jp/products/dasaitama-umeshunouveau



■「ださいたま梅酒ヌーヴォ―」のストーリー
◯梅酒ヌーヴォーとは?
梅酒ヌーヴォーとは、その年に収穫した梅の実を使用して造る梅酒の「新酒」のこと。毎年12月の第1木曜日が、その解禁日として定められています。その年の梅の味わいを楽しめ、熟成前のフレッシュな味わいや瑞々しさを感じられるのが魅力です。2020年のできたての「ださいたま梅酒ヌーヴォー」を数量限定でお届けします。


◯埼玉県産の2つの梅の掛け合わせ
今回は埼玉県の中でも異なる地域で収穫された2種類の梅、「毛呂山町産白加賀梅」と「越生町産白加賀梅」を掛け合わせました。梅酒ヌーヴォーとして数量限定で、できたてをお届けします。新酒ならではのフレッシュな梅の風味を、まずはワイングラスに注いでストレートでご堪能ください。ソーダなどで割ると爽やかな香りの良さをお楽しみいただけます。



◯埼玉の素材の“掛け合わせ”から生まれた「ださいたま梅酒シリーズ」

製造元の酒蔵・麻原酒造の地元である埼玉県の越生町(おごせまち)の越生梅林は、「関東三大梅林」の一つで、知る人ぞ知る"梅どころ"です。「ださいたま梅酒」は、そんな越生梅林で採れた「埼玉の梅」と「埼玉の素材」の掛け合わせから生まれた梅酒シリーズです。素材の風味をそのまま生かした、どこかあか抜けない素朴な味わいをご堪能ください。(https://kurand.jp/collections/dasaitama


【商品詳細】
◯商品名:ださいたま梅酒ヌーヴォー
◯アルコール度数:13%
◯内容量:720ml
◯販売価格:1,980円(税別)
◯原材料:梅、梅酒
◯販売開始:2020年12月3日(木)
◯発送開始:2020年12月5日(土)以降順次予定
◯製造元:麻原酒造(埼玉県)
◯URL:
https://kurand.jp/products/dasaitama-umeshunouveau



■酒蔵紹介
◯「麻原酒造」について
麻原酒造は、明治15年創業、埼玉県入間郡に蔵を構える蔵元です。純米酒にこだわり、すべて搾りたての無濾過生酒が造りの特徴です。埼玉の3名酒として名高い、麻原酒造の銘酒「琵琶のさざ波」は、埼玉の地酒として県内外問わず愛されています。

◯酒蔵の声
「ださいたま梅酒」シリーズに梅酒ヌーヴォーが誕生しました。埼玉の産地の異なる梅の実を掛け合わせ、さいたまでしか表現できない味わいを表現しました。梅のフレッシュな風味を最大限引き出しつつ、若いアルコールの荒々しさも感じない、驚くほど完成度の高い梅酒ヌーヴォーを是非。


  • 飲食、料理

添付資料

会社概要

リカー・イノベーション株式会社
商号
リカー・イノベーション株式会社(リカーイノベーション)
代表者
荻原 恭朗(オギワラ ヤスロウ)
所在地
〒123-0851
東京都台東区東上野3-36-7 4階 
TEL
03-6806-3777
業種
小売・流通
上場先
未上場
会社HP
http://liquor-innovation.co.jp/
公式ブログ
http://liquor-innovation.co.jp/blog/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.