2020年12月22日 17:00

障害者雇用に向けた社内業務整理シートをQUOKKA JOB Webサイトで無料ダウンロード提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
~ 質問に答えるだけで業務が洗い出せるアンケート形式 ~

障害者雇用を検討するにあたって、多くの企業が障壁と感じる「会社内に適当な仕事があるか」という悩みをサポートすることができる「障害者雇用に向けた社内業務整理シート(Excel)」を2020年12月1日より「QUOKKA JOB(クオッカジョブ)」Webサイト上で公開しました。

※「QUOKKA JOB(クオッカジョブ)」は株式会社スタッグ(本社:東京都千代田区、取締役社長:内田雄介)が運営するサービスです。
【URL】https://quokka-job.jp/service/?202012pr

「障害者雇用に向けた社内業務整理シート」の3つの特徴
1.アンケート形式で手軽に記入できる。
2.気づいていなかった社内業務を発見できる。
3.文字化することで社内のメンバーと共有、検討ができる。

「障害者雇用に向けた社内業務整理シート」ご提供の背景
弊社のグループ会社では障害者の就労をサポートする就労継続支援A型の事業を行なっており、そのノウハウを一般企業に対して提供していくことでより多くの人の就労を推進し、誰もが活躍する社会の実現を図るため。
また、企業としては一定の障害者雇用率を達成することが国の制度として課せられているが、障害者雇用率が達成できないことによる「障害者雇用納付金」を納付している企業から障害者雇用に対するサポートの声を多くいただいたため。

障害者雇用をするに当たっての課題(厚生労働省「平成 30 年度障害者雇用実態調査結果」より)
厚生労働省が平成30年(2018年)に実施した事業主に対しての調査では、精神障害者の雇用上の課題について、72.5%が「ある」としている。課題として回答されたもののなかでは、「会社内に適当な仕事があるか」が 70.2%と最も多い。
https://www.mhlw.go.jp/content/11601000/000521376.pdf

「障害者雇用に向けた社内業務整理シート」の利用シーン
本シートのターゲットは、
・障害者雇用を開始しようとしているが、何から始めたら良いかわからない企業採用担当者
・障害者雇用が決定し、障害者社員の受け入れの準備を進めているが業務準備がうまく進んでいない企業人事担当者

「障害者雇用に向けた社内業務整理シート」シート概要
1. 障害者社員のための業務に気付くための質問
2. 障害者雇用でよく依頼する業務のリスト
・手作業系
・PC関連作業
・電話関連業務
・フィールドプロモーション
・その他サービス業務

株式会社スタッグについて
【業務内容】
・商業施設イベント・テナント業務請負サービス
・BPOアウトソーシングサービス
・就労継続A型事業所クオッカのリソース活用

【会社概要】
会社名:株式会社スタッグ
所在地:〒102-0073東京都千代田区九段下1-3-5ユニゾ九段北一丁目ビル3F
代表者:内田雄介
設立:2013年12月3日
サービスページURL:https://service.stagg.jp/secretariat/

【お客様からのお問い合わせ先】
QUOKKA JOB
TEL:03-6380-9090(直通)
お問合せフォーム:https://quokka-job.jp/contact/

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社スタッグ、相嘉(あいか)
TEL:03-6380-9090
e-mail:contact@quokka-job.jp
  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社スタッグ(スタッグ)
代表者
内田 雄介(ウチダ ユウスケ)
所在地
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-3-5 九段北一丁目ビル3F
TEL
03-6380-8400
業種
人材関連
上場先
未上場
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.