2021年01月13日 14:00

日本モレックス、並列実装可能な省スペース設計を特徴とする0.50mmピッチ「Easy-On FFC/FPC用V-Flipコネクター」の極数展開を大幅拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年1月13日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は本日、省スペース設計の0.50mmピッチ「Easy-On FFC/FPC用V-Flipコネクター」について極数展開を大幅に拡充し、最小4極から最大70極までの製品をラインアップしました。

Easy-On FFC/FPC用V-Flipコネクター(501951シリーズ)は、45度開口するV-Flip型のEasy-Onロック機構を備え、確実なケーブル保持によって高振動環境での使用に適したFFC/FPC用コネクターです。このたびモレックスは、コネクターの極数展開を4~70極と大幅に拡充し、お客様の多様なアプリケーションにおける設計柔軟性の向上および調達プロセスの簡素化に寄与します。

Easy-On FFC/FPC用V-Flipコネクターは省スペース設計のため、実装スペースに制約のあるPCB上に複数のアプリケーションを並列に搭載することができます。本コネクターに備えられたV-Flipのロック機構は、45度の回転角度を持つためオペレーターの組立作業が容易になり、また、アクチュエーターが開いた状態で納品されるためSMT自動実装での迅速な組立が可能です。

Easy-On FFC/FPC用V-Flipコネクターの主な特徴

・ 4極から1極刻みで60極までの製品に70極製品を加えた計58種の極数展開

・ -40から+125度Cの広範な使用温度範囲

・ 広いピックアンドプレースエリアにより、SMT自動実装機の吸着スペースを確保

・ ニッケルバリアによって半田上がりおよびフラックス上がりを解消

・ 低ハロゲン素材を使用することで業界の環境保護要件に適合

本コネクターは、カーナビ、車載インフォテイメントシステムなどの自動車機器、家電、ゲームユニット、プリンターなどのコンシューマー機器、ドローン、IoT相互接続デバイス、スマートスピーカーなどの産業機器、POS端末などのモバイルデバイス、ハブなどの通信・ネットワーク機器、サーバーなどのデータコム、患者モニタリング装置などの医療機器といった用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイトhttp://www.japanese.molex.com/link/easyon.htmlをご覧下さい。


モレックスについて
モレックスは、未来の変革とより豊かな生活を実現させるテクノロジーを可能にすることでつながる世界を支えていく。世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、医療、インダストリアル、自動車、家電などの様々な市場に広範な接続システム、サービスおよび電子ソリューションを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
日本モレックス合同会社(ニホンモレックスゴウドウカイシャ)
代表者
李 在薰(リー・ゼフン)
所在地
〒242-8585
神奈川県大和市深見東1-5-4 
TEL
046-261-4500
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.japanese.molex.com/
公式ブログ
http://www.connector.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.