2021年02月08日 16:00

世界各国の主要市場で提供されているコネクティビティのタイプやコネクテッドサービスの詳細および、2030年までの普及率予測を掲載したレポート「コネクテッドカーグローバル市場予測 2020年版」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、車載コネクティビティのタイプ別搭載状況および主要なコネクテッド機能の動向を検証するとともに、各国における搭載率の予測を掲載したレポート「コネクテッドカーグローバル市場予測 2020年版」を2021年1月28日に発行しました。

コネクテッドカー機能市場の今後の成長は、所要技術の成熟度、政府による搭載義務化などの法規制、OEMの投資戦略、車両ライフスタイル管理、およびコネクテッドカー技術に対するユーザーの期待度や受容度などが相互に影響しあいながらどのように推移するかにより左右されます。

SBDでは、こうした動向の分析に基づいて2030年までの現実的なビジョンを提示します。本書の市場予測は現在および今後のOEMの導入戦略、コネクテッドカー技術の成熟度、消費者の支払い意欲、標準装備もしくはオプション装備として提供される様々なコネクテッドサービスに対する消費者の期待値や受容度など、市場動向に影響を与える主要素を基に分析し、作成しています。また、技術面および法規制面の要因も増減傾向を一転させるほど搭載率の推移に大きな影響を与えます。例えば政府による搭載義務化は大きな推進要因となり、逆に新しい代替技術が登場すると既存技術にとっては普及阻害要因となります。

本書では、これらの推進要因や阻害要因が車両コネクティビティの将来にどのような影響を与えるかを詳細に読み解き、今後の展開について予測しています。


【本書の構成】
コネクティビティの傾向:埋め込みコネクティビティ、テザリングコネクティビティ、スマートフォンコネクティビティ、画面複製の概要、推進要素および阻害要素について解説、2030年までの搭載率予測を示します。
コネクテッドサービスの傾向:安全性、セキュリティ、保守点検など10の分野にわたる43のコネクテッドサービスを調査し、各サービスの概要、消費者の期待、予測される進化、コネクティビティタイプの傾向、搭載率予測についてまとめています。
OEMの動向:各OEMの動向と今後の展望について解説、コネクティビティタイプ別、サービス分野別の2030年までの搭載率推移予測を示します。
各地域の動向:欧州、米国、中国以外にオーストラリア、ブラジル、カナダ、インド、日本、マレーシア、ロシア、韓国、タイ、UAEにおけるコネクティビティ市場予測を示し、現状および今後の動向について解説します。
エクセルデータベース:各地域における2030年までのコネクティビティ技術を搭載した新車の年間販売台数および搭載率予測。また各地域におけるコネクテッド機能のサービス搭載率および登録車両台数の成長予測を示しています。

【本書の対象市場】
・オーストラリア
・ブラジル
・カナダ
・中国
・欧州
・インド
・日本
・マレーシア
・ロシア
・韓国
・タイ
・UAE
・米国

【本書の調査対象のコネクテッドサービス】
本書では以下の10の分野にわたる43のコネクテッドサービスを調査しています。
・安全性

・セキュリティ
・保守点検
・OTAアップデート
・ナビ
・運転スタイル
・インフォテイメント
・利便性/リモートサービス
・保険
・EV専用

【レポートの詳細】
https://insight.sbdautomotive.com/rs/164-IYW-366/images/536-20IB_J.pdf



本レポートの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

SBD Automotiveジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBD Automotiveについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

SBD Automotiveジャパン
商号
SBD Automotiveジャパン(エス・ビィ・ディ・オートモティブ・ジャパン)
代表者
杉木 昭郎(スギキ アキオ)
所在地
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目18番22号 三博ビル6F
TEL
052-253-6201
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
https://www.sbdautomotive.com/ja/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.